FC2ブログ

SWMFC イベント終了 つぎはDORO☆OFFです

2018.08.12(Sun)

ウーラ役のフェミ・テイラーさんとみんなで記念撮影
mindio01.jpg


第一の目標であるSWMFC、無事展示終了しました。

一時半から搬入、二時半開場なのに、設営が終わったのは四時過ぎというバタバタぶりでしたが、
問題点も洗い出せてよかったです。

第二の目標は、9/22・23のDORO☆OFFです。
更なるブラッシュアップを重ねて持ち込みますので、楽しみにしてください。

そして最終目標は、STAR WARS FAN AWARD。
レッドカーペットを目指して!

mindio02.jpg

mindio03.jpg

みんなでつくるSWジオラマ エファント・モン&アターク

2018.08.04(Sat)

みんなでつくるSWジオラマ エファント・モン&アタークです。

舞台がジャバ宮殿ということもあり、クリーチャーの数が多いです。
初心者から凄腕の方まで勢ぞろいのメンバーですが、まだメンバー数が少なかった当初は
数を揃えるためにペプシのボトルキャップを流用するかって話だったのですが、
最終的に、ほぼ全てのキャラクターがスクラッチビルドとなりました。恐ろしい・・・


塗装前ですが、凄腕のメンバーはこんなレベルで自作してます。

どちらも、このジオラマの元となったイラストを描いた、辛島氏の作品です。
35515724_1801921153234676_7266042525377363968_n.jpg

サルラックの埋まっている部分はこうなっています。
38241930_1873707882722669_3212515042100510720_n.jpg

市販キットじゃないですよ!!!

もう、凄すぎるよねコレ。


で、私はというと。

当初、数を埋めるためにペプシキャップ構想があったのですが、スケールがまちまちで、
しかも大きいため、ゴチャゴチャになるであろうと。
ということで、モブキャラはMPCのキットから流用したらどうかということで、MPCのものを
いくつか改造していました。

s-P6180037.jpg

ATTARK(アターク)という名前のクリーチャーです。
劇中ではどこにいたんだろうか・・・
s-P7170004.jpg

こっちは、エファント・モン
カーボナイトフリーズから解けたソロがジャバと話し合って、連行されるシーンの後ろに映っているやつ。
Ephant_Mon.png
これ。

口をあけて、手を作り直し、背を伸ばしました。
s-P7170001.jpg
s-P7170002.jpg

仕上がり。
ガッシュで塗っています。
37924356_1803581789735366_2398970381365936128_n.jpg
他のメンバーと比べると、いつものことですが、作品が小さい・・・

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その5

2018.07.30(Mon)

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その5です。

うっひょー。広告出ちまったww
空き時間がなくて、色々追い込まれております。
ブログ更新途絶えておりますが、いつもよりたくさん作ってはいるのです。

製作過程をずらずらと垂れ流してみます。

37792845_1797329687027243_1556355526546161664_n.jpg
37821379_1797329500360595_7015670297370034176_n.jpg
37880767_1797329267027285_1500724661997010944_n.jpg
37820371_1797329380360607_4502338405929058304_n.jpg
37793905_1797329793693899_6419108591315189760_n.jpg
37852118_1798585583568320_4404025182889443328_n.jpg
37882280_1798585630234982_8498265567403180032_n.jpg
37424818_1798886733538205_7998426859861704704_n.jpg
37838213_1798886823538196_3698874471524859904_n.jpg
37930245_1798886563538222_8282328647713423360_n.jpg
37863168_1799039030189642_7128079362556952576_n.jpg
37806729_1799038860189659_9087673215152553984_n.jpg

今日現在では完成しているのですが、ベース部分を大舞台にセットするため、別の作業者のもとへ既に発送済み(汗

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その4

2018.06.27(Wed)

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その4です

FacebookのSTARWARS好きたちが集まる「SWMFC」の夏のイベントに向け、有志で共同制作中のジオラマです。
残念ながら荒川さんが不参加となってしまいましたが、新規参加メンバーも増え、順調に製作が進んでいます。
完成品を展示観覧していただくのはもちろんなのですが、仲間内でワイワイ楽しむイベントなので、
製作のほうも、オンラインでワイワイ楽しくやりながら進行中です。

スケール違いや、色々な表現方法がごった煮になって、とても面白い作品になると思います。
新規参加募集しておりますので、興味のある方はFBで検索を!

で、私のパート。
今回は、「ジャバ宮殿で、ジャバの後ろに鎮座しているバーベキュー台」です。

きっかけは、MPCの「Jabba the hutt throne room」のキットでした。
今から30年以上前、私がまだ中学生だった頃に発売になったキットです。
ココから小物をいくつか拝借しようと思い、その中にバーベキュー台もあったんです。

チョット、キットの中身を拝見してみましょう。
s-P6180035.jpg
バキュームフォーム成型のベースがあったんですが、あまりの出来の悪さに捨てていた模様です。

s-P6180040.jpg
身の程知らずの中坊がディティールアップに挑戦していますが、当然完成していません。

s-P6180038.jpg
s-P6180043.jpg
誰だ?この左端のヒョロヒョロ・・・

s-P6180044.jpg
コレ!これです。
ですが。
じつは何のパーツかわかりませんでしたw



当初はキットパーツを改造する方向で進んだのですが、少ない資料を当たれば当たるほど、
全然形が違う。

切り貼りしてみます。

s-P6200053.jpg
s-P6200052.jpg

s-P6270061.jpg
s-P6270062.jpg

裏側がスカスカです。
確かに、ディスプレイしてしまえば見えなくなるのでコレでいいんですが・・・

s-P6200051.jpg
s-P6270063.jpg
おゆまるで、スカスカ補完計画発動。
ディティールが深く、おゆまるではエアを噛んでしまい、上手く複製が取れません。
そんな時は、原型ごとお湯につけて、おゆまるを細かくちぎりながら、少しづつ
エア噛みしないように貼り付けていきます。
緑色のレジンは、Photonのレジン瓶に残ったのを流して使いました。
ちと柔らかいですこのレジン。

と、とりあえず取り組んでみたのですが、うーん・・・
納得いかーん。
一から作った方がはやそう。

ジャバ宮殿に引き続き、3Dデータ化してみます。

1週間ほどまじめに取りくみました。
その間、ブロ友さんたちのブログ訪問もままならず、余暇時間のほぼ全てを
つぎ込んでおりました。
当然、酒餅もデカバインも放置です。
日程的に、SWMFC→ドロオフ→酒餅、と締め切りが来るので、早い方から片付けると。
たぶん、酒餅は完遂出来るかどうか、あやしい感じがしますが・・・


で、いきなり完成の、3Dデータ
Jabbas grill
サイドの装飾部分が面倒でした。

また、資料が全然ないので、見えない部分は自己流で設計しています。

コレを一旦バラバラにして、プリントします。
ついでに、プラモデルのようにランナーも入れ込んで、いかにもプラモデルなヤツも
作ってみようかと思っています。
箱絵込みでね。

プリントは又、明日。

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その3

2018.06.18(Mon)

みんなでつくるSWジオラマ ジャバ宮殿編 その3です。

Anycubic PHOTONでのテストプリント、無事成功しました。

添付のグリーンレジンで、気温が低かったため露光20秒です。
5.5秒、12秒は、どちらも失敗しました。
ピッチは標準設定のまま0.05mmです。

s-P6170033.jpg
s-P6170034.jpg

中空でデザインしたはずなのに、中身が埋まってしまっています。
レジン抜き穴を開けていないせいか?
また、この構造では、サポートは不要でした。
屋根の桁や小窓は、ところどころモールドが再現されていません。

露光時間を減らせば、もう少しシャープに印刷できると思います。

ビルドプレートに完成品がくっついているのを見たときは、ちょっと感動しましたw

さー、これからバリバリ稼動していただきますか!!

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑