FC2ブログ

1/24 ギャランGTO-MR その10

2018.10.20(Sat)

1/24 ギャランGTO-MR その10

後で購入した、新車予定の方を製作中です。
突貫で、見えない部分はガンガン飛ばしていきます。

s-PA201135.jpg
こちら、いろいろ手を加えたポンコツ版と比較するために、素組みでいこうと思っていました。
さっきまでは。

でも、作っていると色々気になったり思いついたりで、結局やらかしております。

ガラス。

ポンコツ版のほうは、ガラスを汚してしまうので見てみぬフリをしたんですが、ガラス。
分厚く、歪んだガラス。
ボディのプラ材の厚みからくる段差も気にはなるんですが、それ以上に、ガラスが気になる。

平滑に研ぎだして、ましになった気でいたキットパーツも、いざ取り付けてみると、
段差以外の問題はまったく未解決でした。
しかも磨いているうちに角に微妙なRがついて、レンズになっちゃうし。

新車の方は、コレではいけない。


最近知り合いました、美麗でシャープで素晴らしいカーモデルを製作されている120secさんは、
そのガラスのゆがみを嫌い、カーモデルのガラスを0.2mmのプラ板で自作されています。
格段に精度が上がり、車内もよく見え、ナイスな加工です。

ただ、この方法だと段差問題が・・・・
と思い、実車をもう一度確認してみると、あれ??
実車のガラス、少なくとも、サイドは意外と段差があるぞ。
フロントとリアも、現在の車のように接着ガラスではないので、結構奥まってついています。
面一近くまで攻めなくてもいいのか・・・


ここで思いつきました。
キットのボディパーツを裏から削り込んで、薄くしちゃえばいいじゃないか。

リアガラスを車内から。ピンボケですね・・・
下側のフチを削ってみました。
s-PA201134.jpg
とりあえずカーバイドバーでガリガリ。

それ以外はキットパーツが元々繊細に追い込まれているので、手作業で薄くしてみます。

試しに中にガラス部材を入れてみましたが、オオッ!クリア!しかも段差も気にならなーーい。
接着方法を工夫するとRも表現できるし、コレいいですね。採用決定。

ガラス用の部材としては、0.1mmと0.2mmを検討していますが、スケール換算でいくと0.2がジャスト。
0.1は柔らかい分、曲がりに柔軟に対応しますが、張りが弱いのでガラス面のきれいなRが出しにくい。
0.2は張りがほどほどにあって、ガラスの湾曲がきれいに出てくれますが、角をピッタリ追い込むには少し硬いので、
サイズをギリギリにしないといけない。
でもサイズをギリギリにすると、糊代が少なくなって固定に不利。

いやー、楽しいなww


最後に、120secさんのブログを勝手にリンク追加させていただきました。
1/24とは思えない、素晴らしい作品を製作されています。
しかも、コダワリのベクトルが似ていて、なんだか親近感。

Category: 1/24 ギャランGTO-MR

18:47 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

1/24 ギャランGTO-MR その9

2018.10.20(Sat)

1/24 ギャランGTO-MR その9

もう一台製作始めました。


その前に、ロストパーツを複製。
s-PA201133.jpg
・・・コストと手間考えると、パーツ請求した方がいいです。絶対。
複製品ノウハウの蓄積のためにやってます。

ちなみにドアミラーは、おおよその形状はいいのですが、ディティールが残念です。
1/24だから仕方がないですけどね。

実車のミラーは、こんな感じ。
s-PA201131.jpg
s-PA201127.jpg
s-PA201129.jpg
s-PA201128.jpg
s-PA201130.jpg
s-PA201132.jpg

ちなみにこれは、2000GS-Rが出た中期型の頃のミラーなので色が違いますが、構造は同じです。

メッキ面とミラー面の保護のために、それぞれ乳白色のリング状樹脂が付いていますが、
経年劣化で脱落するため、現役車両には付いていないか、劣化してぼろぼろのものが多いです。

コレを見た後にキットパーツを見ると、ちょっとやるせなくなります。

Category: 1/24 ギャランGTO-MR

11:20 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

1/24 ギャランGTO-MR その8

2018.10.18(Thu)

1/24 ギャランGTO-MR その8です

そろそろ、車とは関係ない記事が増えだします。

フジミのガレージ&ツールキットの、ツールセット買いました。

これ、リニューアル販と、古いバージョンのがあって、リニューアル版は、
今風のデジタル機器が追加されています。
そうな立派なツールは要らない(ウチの工場にも、数えるくらいしかないしw)ので、
旧版を探しましたが、もう絶版で売っていないんですねコレ。プレミア付いちゃってる。

ヤフオクで何とか安いものを探し出して、今日やっと届きました。

s-PA181106.jpg
いい感じの品揃えです。


ただ、工具類が圧倒的に足りないので、3Dプリントして増やします。

s-PA181110.jpg
プライヤーのディティールがいいです。

s-PA181111.jpg
ピンクのがプリント品です。
油圧ジャッキとパンタジャッキ

s-PA181112.jpg
ハンマー

s-PA181109.jpg
レンチやスパナ、プライヤーなど

s-PA181108.jpg
ドライバー

キットパーツはドライバーがもっさりしているので、真鍮線で置き換えます。
3Dプリント品は、あまりに細すぎて折れてしまいました。

こんな感じの工具類を、どっちゃりプリントしました。


キットに付属していない道具入れもプリント。
toolcart.jpg

以前、Fusion360で描いた物をプリント、組み立ててみました。
嵩高すぎる下部のトレイは低くしました。
s-PA181105.jpg

支柱は1.2mm真鍮線で。
ちょっとビシッとしすぎています。
もっと薄っぺらくて、よれよれな感じにしたいけど・・・まあいいか。

Category: 1/24 ギャランGTO-MR

19:02 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

1/24 ギャランGTO-MR その7

2018.10.17(Wed)

1/24 ギャランGTO-MR その7

チマチマとした作業が続きます。

足回りを全部組みましたが、見えない箇所なので超テキトーに済ませました。
写真にも撮ってませんw

エンブレムを手直ししました。

キットパーツは分厚すぎるので、ペラペラになるまでヤスリで薄くします。
ピンセットに静電気で吸い付くレベルですw

s-PA171087.jpg
運転席側です。
写真だとわかりにくいですが、薄くしたままだと、メッキ処理のおかげでボッテリした印象。
電動アンテナも何とかしないといけないですね。


s-PA171089.jpg
助手席側

メッキを落として、文字部分だけシルバーで塗りました。
メッキパーツでは、分厚いコートに埋もれてほぼ判読不能だったCOLTの文字が、読めます。
ハイライトは白くしてみたんですが、やらないほうが良かったですww

実車は、プラメッキの上に黒塗装がされていて、文字の枠部分だけ未塗装でメッキが見えるという、模型では再現不可能な塗り分け。
幸い、私が製作している草ヒロ仕様は、黒塗装がいい感じに剥げ、メッキも痛んでただのシルバーになっていたので好都合でした。

これから並行してもう1台作る、ピカピカ板のGTO-MRのときに、どうやって再現したらいいものか、頭痛いです。
ステンレスエッチングパーツでも作るか??


って、そういえば書き忘れましたが、GTO-MR、もう一箱買いました。
s-PA161085 (2)

製作中にフェンダーミラーを紛失してしまい、パーツ請求しようと思ったら取説も紛失していたというww
せっかくなので、ピカピカのやつもひとつ作ろうかなと。

あ・・・適当に作ったオレンジ色、足りるかな・・・

Category: 1/24 ギャランGTO-MR

12:16 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

1/24 ギャランGTO-MR その6

2018.10.16(Tue)

120secさんへ。

s-PA161085.jpg

テールランプまわりを、パーツリストから転記してみました。


Category: 1/24 ギャランGTO-MR

14:25 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑