チビヤマト壊滅からのママエビ捕獲作戦からの水槽崩壊 序章

2015.11.06(Fri)

今回、なし崩し的にドタバタした為、写真ありません。

で、前回の続き。

コーナーカバー内に住み着いていたヤマトヌマエビたちを捕獲するべく奮闘しる回でしたね。

このコーナーカバー内には、水槽の外観を極力スッキリさせるべく、各種配管が集約されています。
そのため、網を入れることははおろか、手を突っ込むことさえままならない。

パイプやポンプ類をずらしてしばらくエビと格闘していたが、当然捕獲もままならない。
巻き上げられたゴミの中を、ピヨピヨと瞬間移動するエビたち。

こいつらを素手で捕まえる・・・む、難しい。
大和は足が達者だから、ギリギリまで追い込んでも逃げられちゃう。

ふんがっ!
ピヨピヨ。

おりゃっ!
もぞもぞピン!

・・・・・・


このくそえびがぁぁぁ ゴ━━━(# ゚Д゚)━━━ルァ!!


ぷちっとなにかのスイッチが入り、粛々とカバー内のすべてのパイプとチューブとポンプを撤去しました。
ドロッドロになった濾材も撤去。勝手にわんさか増えていた沈水性リシアも撤去。

うっふぇっふぇっ。コレで網が楽勝で入るぜ。

しかし、濾材撤去時のドロドロのおかげで、カバー内がコーヒー状態に。
何度か換水して、やっと全エビを救出しましたとさ。7~8匹はいたなー。


しかし、ドロドロの濾材を見て、イヤーな予感が・・・
外部ろ過のエーハイム、今年まだ掃除してないんじゃ・・・いや、一回ぐらいしたかな・・・


次回に続く。

Category: 未分類

18:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤマトヌマエビの超簡単な増やし方 着底

2015.09.19(Sat)

換水した翌日、続々と稚エビ着底です。

分かりづらい、どうでもいい写真が続きます。

s-P9191476.jpg

s-P9191485.jpg

s-P9191487.jpg


昨日大量換水してしまったタンクのほうも、みんな元気でした。

s-P9191486.jpg
かっぱえびせん。
s-P9191488.jpg

どうやら今回は、赤ゾエアになって以降の餌の量が少なかったと思われます・・・
ただ、一気に大きくするより時間をかけて育てたほうが丈夫な成体になるのは
エビも一緒だと思うので、コレでヨシと・・・

Category: 未分類

08:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

今年もお世話になりました 最後の最後に日淡水槽破壊しました

2014.12.30(Tue)

久しぶりの更新です。

仕事の年末進行やら何やらでしばらく更新できませんでしたが、ネタは色々あるんで年明けからボチボチといきます。

今日は、たびたび当ブログにでも取り上げられる60日淡水槽ネタです。

本日、サッカーボールが日淡水槽めがけ華麗なスルーバスを決めやがりまして、水槽はその短い歴史を閉じました。
大人子供合わせて総勢7人が2時間以上かかって事後処理を済ませました。期せずしてトドメの大掃除をした気分です。

せっかくなので、60日淡 30イモリ 30ミナミメダカのそれぞれの水槽をすべて撤去し、90スリムアクリル水槽を新たに立ち上げ、集約させる予定です。

濾過方法や、それぞれが快適に過ごせるレイアウトを妄想しています。


グラスキャット不調

2014.11.28(Fri)

グラスキャットが一匹不調です。
ヒゲが短くなってしまいエサを感知できず、逆にエサが来ると逃げる。
体色は白く濁ってきて、日に日に弱っていっています。

他のグラスキャットもヒゲが白く短くなりつつある個体がいたため、エサのあげかたを少し変え、多めにあげるようにしたらヒゲは持ち直しました。

目が悪くてエサ食いがヘタなため、餌取り上手な魚種と混泳させるときは注意が必要ですね。



120メイン水槽の紹介その4

2014.04.19(Sat)

その4

低床材は、小粒の大磯を敷いた上に川砂です。厚さは5cmぐらいでしょうか。
ちょっと浅めでした。手持ちの砂がなくなったのでw
大磯は、特に酸処理などはしていません。
川砂は、乾いた部分を採取してきて、そのまま使っています。
普通は煮沸滅菌とかするのかもしれませんが、あえてそのまま。

バンチング塩ビと網戸網のセットが適当だったので、アクリル水槽との隙間から
砂が下部の塩ビ配管部へと結構落ちてしまいました。

前後しますが、レイアウト素材として重い岩を入れるので、その部分の床には、
輪切り塩ビの数を増やしています。
それから、岩がいい感じで安定するように、そのへんにあった発泡スチロールの端切れを
岩の下に敷いています。
岩は、近所の山から拾ってきましたw

正面から見て、左半分は岩、右半分はジャングルにしたいので、右半分用の流木を
今度は海に拾いに行きました。
なかなかいい感じのものが見つからなかったので、複数の流木を
タイラップで束ねて使用しています。

大体大まかなレイアウトが決まったら、パイロットフィッシュとして
日淡水槽から小鮒さんに出張を願いました。


そんなこんなで、立ち上げから約1年、いきなり現在の水槽の写真がコレ。
会社事務所にパーティーション的に置いているので、バックスクリーンや低床の勾配などの小技はありません。
でも、写真の時ぐらいはバックスクリーンあったほうがいいみたいですね。
カメラも、その辺に合ったので適当に撮ってるから、一昔前の雰囲気w
LED照明のアルミテープもひどいw

s-P1030783.jpg
中身の水草や魚については、またのちほど。


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑