バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その5

2016.12.15(Thu)

もう戻れないー。

ばっさりカット。
s-PC140004.jpg
エンジンポッド本体のディティールは、型抜きの関係で消えてるモールドを掘ったり、余計な斜め部分になっているところをカット済みです。

一度気になると止められない4本のステーの太さ。
キットは、プラ材で柔軟性と強度を出すために三角形になっており(これがまた巧妙な形で、ちょっと離れて見ると凸型に見えるという)、
しかも土台の部分はこっそり厚底になっていてぎりぎりの強度を保っており、開発者の工夫が伝わってきます。

そんな思いを、ばっさりカット。
しかし、ここから、開発者の苦悩を思い知らされるワタクシでした。。。


まず、新規製作するステーの幅は、おおよそ1mmとしました。
また、ステーの凸のそれぞれの辺の厚みは0.2mmとしました。(ホントは底辺0.1、垂直0.2としたかった)

まずこの幅でプラ材を切り出してみましたが、へにょへにょで使い物にならない。
凸に組む気さえ失せるヘニョヘニョっぷり。

代替品として、真鍮板を考えましたが、強度と弾性が弱く、うっかり曲げたら元に戻らなくなりそう。
(その点でも、キットはよく出来ています)
一番理想的なのはゼンマイのバネ鋼ですが、材料の入手から加工まで、いろいろとハードルが高いです。
自分で加工できて、且つ安価なもの・・・

ポリカーボネートーー!
(ドラえもん風に)

さっそく美軌模型店さんのポリカ板を手配して、凸ステーを作ってみました。ベースはポリカ、垂直部はプラ材、接着剤はアクリル用の流し込み。

s-PC140005.jpg
手前はキットのもの、中央が自作品、奥はただの0.2mmプラ板。

一見、横見ではいい感じ。

ただ、斜めから見ると、きっちり真っ直ぐではなく、微妙にへろへろしてます。

アクリル定規を当ててプラ用接着剤で接着してみたりしましたが、やっぱりイマイチ。

マタしばし悩む・・・


s-PC140003.jpg
ジグを作ってしまいました。

ベースはその辺に転がっていた1mmのスチール板。
そこに、0.2mmのアルミ板を、1.05mmの隙間を空けて接着します。この1ミリちょいの隙間に、カットしたポリカをはめ込み、凸の土台にします。
次に、凸の垂直部をきっちり立てるためのジグとして、0.8mm厚のアルミ板を2枚切り出し、垂直部用のプラの細切れをサンドして、ヘロヘロ防止とします。

しーかししかーし、まず、1mm±0.05の幅で0.2mmポリカ板を切り出せない。
何枚切っても何故かオーバーサイズ。
原因は、デザインナイフが両刃のためでした。
刃の厚みの半分の分だけ外に逃がして切らないといけない。

うがーめんどくせーーーー!!
俺は何のためにこんな事をしているんだ状態。

ここで1週間以上足踏みしています・・・
そうこうしているうちにビークルファルコン発売じゃないかああああああ!!


現実逃避で、エンジンポッド後端部のフィンやらなにやらを作り直しています。
s-PC150009.jpg
サイズ比較のために、BB弾おいてみました。
s-PC150004.jpg
s-PC150005.jpg

こちらも色々試行錯誤。
続きは次回で。


s-PC140001.jpg
0.8mmアルミ板のエッジを90度にするために奮闘した痕。



バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その4

2016.12.08(Thu)

細かいところをちまちまちまちまやってるせいで、ぜんっぜん終わらない。
まずい。

でも楽しい(∩´∀`)∩


本体の加工はほぼ終わりました。
写真は、細かいところの変更ばかりで特に代わり映えしないのでナシです。
真鍮線の切り出しもやっと終わり。数えたら、40本以上あるww

今日は、コクピット周りを大体終わらせました。

s-PC080014.jpg
左がノーマルパーツです。
キットではキャノピーが開口されておらず、窓は「黒いシール」で表現するため、内部の表現の必要がありません。
だから、キャノピー取り付けのダボ穴があるだけ。
なので、えいやっとくり貫いてコクピットを作ってみました。

s-PC080013.jpg
機種表面の凸モールドがダルで、且つうるさいので、四隅をタガネで立てた後、目立ったところを半分くらいの厚さに削いでいますが、
まだオーバースケールな感じ。
でもこれ以上削ぐと、モールドの存在が分からなくなりそう。

s-PC080007.jpg
隣の黒いのは、1/72のコクピットです。資料が全然ないので、こいつを参考にしてます。
参考にしつつ、適当にデッチアップしてます。
メーターフードが大きすぎた感じ・・・椅子とパイロットが入り込むスペース、無いようなw


s-PC080008.jpg
座席後部のメカメカっぽいのは、出戻りモデラーでジャンクパーツが全くないので、ちまちま作りました。
やっぱY-Wingといったら配管でしょ!と、適当に配管もつけてみたりして。


s-PC080012.jpg
デッチアップの材料は、プラペーパーと0.3mmプラ板、伸ばしランナー、0.2mmの真鍮線とハンダ線、極細のポリウレタン線です。


でもこれ、キャノピーかぶせると、かなり隠れちゃうんだよねぇ・・・・どうしよーかな。

バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その3

2016.11.17(Thu)

Y-WINGつづき。

s-PB160001.jpg
この赤丸のところが、どう処理していいのか分からずにストップしてます。
誰か教えてください~。


窓。
s-PB160006.jpg
写真にすると、角のケバとか目立つデスね。後で取らなきゃ。
窓枠は、断面を三角柱にして細く見せています。

1/72と並べてみました。
s-PB160011.jpg

窓枠って、ふつうどんな方法で抜くんだろうか。

・デザインナイフでコツコツ切る
・ドリルで開口しながらカッターで切り抜き
・リューターでがりがり大雑把に切ってから、カッターで整形
・超音波カッター
・筋彫りタガネの0.075mmでフチを抜く


実際やってみたのはこんなところ。


結果。

デザインナイフのみは、時間がかかりすぎ。

ドリルは、フチを狙いすぎたら、いきなり切りすぎて要修正。
s-PB160008.jpg

リューターは、対象が細かいので、結局大雑把にしか抜けないわりに、ミスしたリスクが大きい。

何故か持ってる超音波カッター。本業で使ってるやつ。(バンパーの穴開けとか、内装パネルの加工とか)
これは最もダメでした。鬼のように切れる代わり、一瞬のミスが最も許されない。
しかも、連続で切ると、溶けて歪む。

写真ないですが、BMCタガネの0.075はGOOD。
フチに筋彫りを入れる感じでコツコツやっていると、結構キレイに抜けます。
ただし、時間がかかる・・・

結局、何でもそうですが、人力にレバレッジかけるやつは失敗したときのダメージがでかいので、
対象物がリカバリー利かないものは、手作業でコツコツがいいようです。
現在は、タガネとデザインナイフ併用して切り抜いています。

バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その2

2016.11.16(Wed)

修行は続く

ひたすらパイプモールドを削ります。

ドラム缶を並べたような極小モールドの上にパイプが走っていたりするので、
単にパイプ(というか、板ね)を削るだけではなく、ドラム缶状パーツのRやリブを再構築しながら
削っていくわけで。

もうね。バンダイさんにお願いしたい。

ぜひ、パイプモールド無し版を販売してくれと。



・・・・・・・もう金型できちゃってるか。



じゃああれだ。

テストショットのパイプないやつ、あったら(ヽ゚д)クレ。

ビフォー。
s-PB160003.jpg


もう少しでアフター。
s-PB160002.jpg
ここをカリカリ中。もう、ここはパイプが集中するからコレでいいんじゃね!?


裏。
s-PB160004.jpg
こっちは完了。

パチパチ組んでみました。おお。かっこいいなー。
s-PB160012.jpg

バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その1

2016.11.01(Tue)

ちょっとXは休止して、Y-Wingに着手です。
かるーく素組みで終わらせるつもりだったんですが、、、やっちまいました。
リハビリだと思ってがんばる。

実は、個人的にY-Wingには思い入れが、あまりナイ。
遅れてきたSWファンのため、初めて映画館で見たのはROJ。
だからY-WingよりはA-Wingだし、AT-STも頭でっかちのROJ版のほうが親しみがあったり。
なもんだから、どれがゴールドリーダー機で、どれがゴールド2なんだか、違いが分かりませぬ。
それは追々勉強しましょう。

と言い訳が終わったところで、キットを見てみる。
s-PB010001.jpg

なにこの超絶モールド。すごいんですけど。
軽く絶望を感じます。

「あのさー、ワンコインで買えちゃうキットだからこの程度で済ませてるけどさー」
「あんたらが10倍の5000円出してくれるってんなら、とことんやってやんよ!?」
「改修の必要ないキット、いつでも出せんだよ」
ってバンダイの開発者が言ってそうで。

ニンゲンが加修できるレベルを超えてるでしょコレ。

しかし、悲しいかな、目の前にあるのはワンコインキット。
コスト制約をしっかり受けてる。
素組みのはずだったのに、パイプならぬ板に我慢がならない。

そして、、、
s-PB010002.jpg
やってしまいました。
とりあえず、右半身をカリカリと削ってみました。
そして力つきました。
いつまで続くこの修行って感じ。

プロフィール

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑