ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その5 メッシュを置いてみた、が

2017.05.23(Tue)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その5

前回の貫通穴。
ファインモールドの0.5mmメッシュを置いてみました。
s-P5230008.jpg
メッシュ部の裏面パーツは、光で透けるぐらいに
削り込んでいます。

s-P5230009.jpg

s-P5230011.jpg
表のモールドは残しつつ、裏側を更に拡張して
メッシュを潜り込ませました。

s-P5230013.jpg

まぁ、穴は隠れたんですが、、、


0.5mm穴では、完全にオーバーサイズ!!!
配管やフレーム桁を設置したら、あまり気にならなくなるかもですが、、、

適切なメッシュ素材、髭剃りの外刃とか、
色々見てはいるんですがコレといったものもなく。
あんまり細かくても、今度はよくわからないものになってしまうし。
0.2mmメッシュあたりが妥当な気がするけど、視認性との兼ね合いで
0.3mmがベストか?

キャノピー枠をエッチングパーツでオーダーすることに
したので、安価でいいものが見つからなければ、
メッシュも混ぜてオーダーしてみようかな。

そのエッチングパーツのオーダーですが、
今のところ、

・スノースピーダーのキャノピー
・スノースピーダーのエアブレーキ
・チキンウォーカーの手すりの支柱
・X-WINGのキャノピー
・細々としたディティールパーツ
・スペースが余ればメッシュ
・各ビークルモデルのコクピットパーツ

こんなとこかな??

ほかにも、こんなパーツあったらいいな
があれば教えてください。
気軽に書き込みお待ちしています!!!

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その4 スノースピーダーの開口

2017.05.20(Sat)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その4

スノースピーダー本体、コクピットは作ることを決めていたので、
機体パーツのコクピット部外周を0.1mmのタガネで掘り進んで、
後半、彫りが進んで抵抗が出てきたら、0.075mmに切り替えて、
抜いた後は、お約束の薄見栄化。
s-P5200009.jpg
ついでに、何を思ったか、サイドのメンテハッチも抜いてみました。
non40lifeさんにそそのかされたってのもありますが。
ほんの出来心だったんです。
そうしたら、、、

s-P5200010.jpg
スナップキットなので、各部が分厚い。
床なんか、分厚すぎてパイロット乗せたら鎖骨から上しか乗らないんじゃねえのコレ。
てことで、あちこち底板を削ってスペース作りました。
まだまだ削り足りない感じ。
透けるまで削らんとダメかな。

そんなことよりもですね、、、
s-P5200011.jpg
この、手前の黒い三角。
裏から見ると、
s-P5200012.jpg

あらー・・・
上面パーツが裏も兼ねていましたねw

どうしたもんじゃろのう・・・

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その3 チキンウォーカーの脚の板バネ

2017.05.19(Fri)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その3

昨日は脚の板バネを1本分作って終わってしまいました。

ESB版のウォーカーは、脚の構造もROJ版と違っているようで、
手持ちの貧しい資料を見る限りでは、こんな感じかなと。

s-sP5190009.jpg

まず、矢印の部分、脚のモモ裏側中央に幅1mmくらいの溝を彫って、板バネの収まる部分を作りました。
ちょうど板バネのセットがずれていて、少しだけ掘った部分が見えます。

板バネは、幅が1mmないぐらいのと、1mmくらいのものを2枚。t0.1mmの真鍮板です。
何本か切り出して、いい感じのやつを選びます。

スネに当たる部分は幅の狭いほう。先端を細くして、少しクキッと曲げます。
写真のものは細いところが少し長い感じなので、もう少しカットします。

それを脚に差し込んでから、次にやや太いバネを上に被さるようにセット。
板バネの押さえの部分は、ROJ版のAT-STのように丸いパーツで
抑えているのではなく、「く」の字状のパーツのみで抑えている
ように見えるので、抑えパーツを新造するか迷いましたが、
とりあえずキットのモールドをカリカリしてみたら
これでいいんじゃね?的になったので、OKと。

この押さえの裏も、板バネ2枚分の通路を掘ってあるので、
板バネは長さ調整&取り外し自由です。
でも塗装したらさすがに取り外しは無理かな。

このセットをもう1本作らないと。
同じ形に作れるのか、不安。


板バネ可動・・・ってことは、脚を可動にできるんじゃないのか?

いやいや、ブレーキブレーキ。

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その2 いろいろ

2017.05.17(Wed)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その2

息抜き用のお気楽AT-STのはずでした。
だんだん加速している気がします。
ブレーキ踏んでいきます。

s-P5170004.jpg
s-P5170006.jpg
少し時間があったので、スネ抜き&変な形状になっている部分を修正など。
モモの部分の板バネは作りますが、スネにも板バネあるみたいな形ですねコレ。
別パーツ化は、やる気が出ないのでとりあえず見ないふりの刑です。

この作業、ハイパーカットソーあたりで切り離して、
加工してからくっつけたほうが簡単だったかも。
もっと簡単なのは、もうひとつキットを部品取りにしちゃって
ニコイチでやれば楽勝。

s-P5170002.jpg

スプレーミサイルランチャー様の武器、開口しました。

中央は0.4mm、外周は0.25mmが限界でした。
それぞれ0.2mmから開け始めて、拡大しています。

本当は時計のように12個穴が開くんですが、途中で間違って
11個になってしまっています。
12時くらいのなんか間延びしているあたりでごまかしていますw
やりなおしたいー。

s-P5141712.jpg
天井は、手すりモールドを全部削除。
あとは、モールドに埋もれていた前部の細かいモールドを再現。
真鍮線セットは最後にします。


当初の目的だったスピーダーにもやっと着手できました。

フィンが分厚くて気になるので、一瞬張替えが頭に浮かびましたが、思いとどまっています。
フチの部分だけ薄くしてみましたが、適当にカッターでそいだので、
着色したらガタガタになってるかも・・・
そのときは、仕方がないのでフィン作り直します。
形状もおかしいんですよね。
s-P5141716.jpg
s-P5141717.jpg

あとは、真ん中のモールドが変なので、一旦切り取って、
四角を掘り込みました。
そして、切り取ったパーツを四角の中に接着。
省略されている丸パイプ上のモールドを、真鍮パイプ0.3mmで再現しました。

そして、
s-P5141715.jpg
ここは絶対やりたかったところ。
0.1mmの真鍮板をお取り寄せしました。
さて、コレは何を作っているのでしょーか。

正解者の方1名に、コレをプレゼントしますよ。
・・・ってたぶん回答者いないんですけどね(涙)


ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その1

2017.05.09(Tue)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー

だいぶ発売から遅れましたが、連休前に入手していました。
でも、チキンウォーカーは全然思い入れが、ない。
(だって登場がほんの一瞬!!)
作らないつもりでいましたが、いきなりパーツ取りにするのも
もったいないので、なーんとなくタイファイターマスキング地獄の
息抜きで開封。

とりあえず上から着手。
気分転換なので、楽なところだけ手をつけてます。

s-P5080007.jpg
側頭部の一体モールド装甲板を、ファルコンのお椀と同じ手法で
隙間作って、浮いた装甲板にしました。
窓なんか開けませんよ。

極寒の雪原で前方視界がこの窓開けるだけって、どうなんだろう。
外部カメラとかあるんかな。


s-P5080010.jpg
裏側も、天板と側板の分厚い装甲を半分ほどに削り、
側板は0.075mmと0.125mmのタガネで溝を掘って、
外板と内板を分離。
フリーハンドで挽いたので、写真で見るとラインが
ガタガタだー・・・後で修正します。

天井の手すりは、最後に真鍮線で作り変えます。

後部パネルの上部パーツ、写真だとBOXではなく
板に見えたので薄くしてみました。

がしかし!BOX形状が正解!!
なんてこった!

s-P5080015.jpg
脚部は、やり出したら止まらなくなりそうなので、
いくつかの修正にとどめておくつもりです。
まずは目立つカバー部分の形状が、写真と比べて
どう見ても違う印象。くの字に折れすぎ??
たぶんキットの形が正しいんだろうなーとは思いつつ、修正。
左がキット形状。

s-P5080013.jpg
1500番でガシガシ削って、裏側はデザインナイフあてただけです。

s-P5080018.jpg
削りきれなかった部分に黒瞬間。盛りすぎ。。。

続きは次回。
今度こそ早く完成しそう!!

んー。
あちこち手をつけていて、未完成品が順調に増えてる。

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑