30日のトレード

2007.10.30(Tue)

前場

寄り付きの金の利食い下げをいつもどおり拾う・・・しかし雲行きが怪しい。

反転せずに抜けそうなので同値で降りる。 2936買い2936仕切


9:28 ゴムに売りサイン点灯 やや弱い
298.5売

手仕舞いサインはでないが、この時間に大きくトレンドは出ないだろうと判断
9:30 ちょうど押したところでうまく利食 297.8仕切 +7

ユーロドルが下げトレンド発生 メタルも下げるだろう ゴムも追随するか?

9:37 瓦解開始 利食いが早過ぎましたかね。
しかし、時間あたりの効率はいいよw

瓦解は崩壊に 戻りを売り
9:38 297.5売
9:40 296.4仕切 +11 システム上は売り継続だが、もういいです。

このまま手仕舞いトレンドが継続するのか?
そのときは、戻りを売るだけです。が・・・仕事が忙しくて張り付いていられないんですね・・・

ポジ4分で+18ティックなら、OKでしょう。


デスク戻り

戻ってビックリ!294・・・こんなに崩れるとは。
途中、戻り売りポイントを逃がしたのは残念。

システムに粛々と従うのが大事っていう事を思い知りました。
10:05現在、システムはまだ手仕舞いサイン出してないです。

裁量で戻りを売るか・・・?
ここからは怖いですが。


29日のトレード

2007.10.29(Mon)

前場

リアル仕事多忙のため様子見

ゴムは買いサインが出そう
そうしている間に金が反転か 2913買い指値 食われず離陸
しようがないので2916買 為替だれてきたので2921仕切 +5

ゴムは買いサイン点灯したが、金ばかり見ていたので放置 残念

外出なので前場ここまで。


しかし、あんな時間から金上げるなんて、そろそろ終末も近いか。
ゴムは、売り方の踏みが出たらえらい事になりますな。

メタルは、もう売っていいんでは。
FOMCで0.5が出たとしても既に織り込み済みでしょう?
知ったらしまいで、どちらにせよ下げると思いますが。


後場

ということなので、持ち越し覚悟で1枚売ってみました。ミニですがw

ラージの方 動き出したので2939買 しかし、為替が下げているので同値降り。

なんか今日は様子見の方がいいみたいな気も。


26日のトレード

2007.10.26(Fri)

進甫はよく分からないのでシステムトレードは様子見

前場 ノートレード

後場

14:35 裁量でゴムの4月限を290.1買 289.9損切 -2
14:42 裁量でゴムの4月限を290.2買 290.0損切 -2

上がるかな?と思ったんだけれど、先に為替が下げ始めたので、早めに降り。

しかし、そんなのお構いなしで無反応ですねぇ・・・


25日のトレード

2007.10.25(Thu)

前場

このところ、金の寄り付き前の急落リバ取りが有効 これはほぼ確実に取れますのでお勧めです。

本日はめちゃくちゃ売られすぎ乖離のところでIN 2816買い 多少逆行しても充分逃げられる

しかし・・・来客接待やら発注やらで落ち着いて見ていられない。
万が一このまま急落もありうるので(だから売られすぎている)、数分後に念の為仕切り +1

戻ったら、2822ですかそうですか・・・次の寄り買いは全力でいきますよ。


ゴム
原油の戻りに全く反応せず。貴金属の戻りにも無反応。
出来高が止まっている。天井か?

売り店買い店が拮抗しているが、進甫乗り換えは買い店が多いと見て
多く売られると予想。

テクニカルではなく、内部要因から判断して売り場探し。


監視している間はなかなか高いところを売れず、結局283.9で売り
上は284.7で損切り 下は280切った所でOCOセットして放置

しょっぱなの金も、コレやって放置しておけばいいのにねぇ・・・

場中、ストンと来るところがあったが、イマイチパワー不足。
デイトレ店の売り煽り?

売りはそのまま持ち越し。



後場

為替その他の動きがゴムの下げを後押しした模様。
強材料に無反応で、弱い材料にのみ反応。弱い。

OCOを下にスライド。利食いは279以下、戻ったら281.8で切れる設定。逃げが少し近いか?
為替の動きによっては届きそうだが、、、

と書いている間に引っかかりました(涙)
283.9売→281.7仕切 +22ティック

持ち越してもいい売り玉だったような気が激しくするんですが、あとの祭り。


14:14
まさかここまで戻るとは・・・満を持して283.7売り指値
あと数枚で自分の番。というところで、残念ながら踏み上げ息切れ
ポーンと下げてからまた戻ってきたので、売り注文取消。

売り目線のみで見てます。

高いところを売るだけ。トレンドフォローシステム?今日は無視w


24日のトレード

2007.10.24(Wed)

前場

なかなかエントリチャンスなし
ゴムの一瞬の吹き上げは見ていなくて取れなかった・・・残念。

離席戻り
10:00 金 2824買 各指数反転するも売られすぎ乖離で買いサイン点灯 順行 OCO放置
しかし、10:08 下げてきたので手動で2825抜け +1

しかし、撤退した途端に上げ・・・放置したままにすればよかったorz


後場

ゴム動かないね。2大勢力睨み合ってるだけ?
11月限の取り組み考えると、いずれ崩落する気がしますが、それより前に
円安進行や世界商品高が進行すると、売り方の踏みでえらい事になる気も。

売り持ち越しも頭をよぎるが、様子見。
資金があれば、間違いなく売り。

裁量で1ティック2回、2ティック2回抜いて終わり。

どれも、為替や金の動きに連動しないのでその方向に売買して、順行してからの戻り過程での逃げ仕切りです。
結果的にスキャルになっていますが、時間軸は長めです。

とりあえず、全勝プラス収支で乙。



23日のトレード

2007.10.23(Tue)

前場

ゴムは不動
懲りずに金を見る いまやゴムより動く金
寄り前にスポットを下げておいてから急騰、そして急落 こんな下げは買うに限る
買いには絶好の売られすぎ乖離 パニック売りを拾う

09:18 2800買 買い下がって2796買
09:21 指値2802仕切り +2 +6
少し早手仕舞いだったかな・・・板が薄いので、見てから仕切りでも良かった。

・・・・更に上げてますね。なんて強いんだ。まだ「押したら買いでOK」勢が趨勢を占めてますね。
しかし動きすぎだよ金。ディーラーさん大喜びでしょうな。


ゴム 9:40あたりから売りサイン点灯 278.2~278あたり
しかし・・・入っていいのこんなとこで?様子見で放置する 277.6まで順行入っても良かったのか・・・

次に出るのはドテン買いのサイン 直近安値ブレイクできずの下げで買い

09:47 為替が反転しそう ゴムも板が止まったので277.8で買い指値 しかし来客 取り消し


後場

外出のため14時過ぎまで放置 15時近くに戻り


随分売られすぎ乖離 2810あたりで揉んでいる
為替反転の兆し、ユーロ発進、スポットもレンジ底打ちか
2812で買ってもなお売られすぎ乖離内 買いだ!

がしかし! Dステもダイレクトオーダー画面も閉じてたw
開いてたのゴムだけw

しばらく2812あたりで揉んでいたあとに発進!一気に2820突破 泣ける・・・


ゴムも乗り遅れ 1ティック抜き2回やって終わり



22日のトレード

2007.10.22(Mon)

前場

あいかわらず金でポカ 2815売って2817仕切 -2
今の金は取引の時間軸(≒値幅)をもう少し長く取らないと失敗する。
そこに、短期的に乱高下する為替が絡むから、非常に難しい。

ゴム
半分裁量 為替の動きを見て277.5買
為替円安傾向が小休止、金スポットの落下を見て、ここまでかと朝の損失分を埋める280.1にて仕切り +6でトントンに
そこからポカンと伸びて、278.5あたりで揉み。

なんとも重たそうな雰囲気。

結局、その後の売りは指値が入らず眺めていただけ。

10:38
板の様子がおかしい 266.5の3桁の買い板がどんどん食われていて、そのすぐ上はスカスカ。
266.6に売り指値約定 そして底抜け急落。
為替は円安傾向のボックス、スポット落ちもひと段落、そこでこの急落は息が短いはず。
伸びきったところで10:41 275.8仕切り。 +8

絶好の買いポイントですが、この地合でドテン買いはできません・・・根性なし

金、思惑通り下げていました。
逆張りだともう少しロスカット幅を広く見ないと取れません。幅がタイトすぎ。
トレンドに乗るにしても、動き出すとボリュームがでかい割に値幅が無いので
エントリポイントが難しい。


後場

ノーサインノーエントリ
14時台後半に2回スキャルで+3取っただけ。

金は連敗続き。ゴムは連勝続き。
ずーっと昔は逆だったんだけど。

なんでだろ?
多分、動きが鈍いんで、多少引かされても我慢してほったらかして、そのうち利が乗って手仕舞いできていたトレードが多かったからかな。
昔のゴムは、動きが大きくて損切りにばっかり引っかかってたっけ。
ほとんど板見てるだけの裁量トレードだったしな。




19日のトレード

2007.10.19(Fri)

前場

ゴムに売りサイン点灯 282.4売

金がリバっぽいので裁量IN 2875買 しかし下げだす
スポットはTOCOM見て動いているのか、遅れて動く。逃げ遅れて-4幅のカット・・・

もう、金は10月に入ってから全然ダメぽ。動きすぎて今までの感覚と全然違う。
あっという間に7~8円ぐらい往復するし。2868見てから、もうさっきのエントリポイント2875超えてる。

ゴムは売り継続。システムにガチガチに従ってトレードします。


10:20
手仕舞いサインには弱いが、直近安値ブレイクできずで条件がひとつ成立。
為替が戻りぎみ。念の為280.2手仕舞い +22ティック

10:23
弱いドテン買いサイン点灯しかかるがすぐ消灯

仕事モード

11:30に戻って動きチェック 検証 途中、280.6で買いサイン点灯 きれいに前引けまで取れた動き
途中で裁量抜けしても+10 システムに従えば+14程度か


後場
14時半過ぎにデスクに。
14:35 ちょうど下げ始めのところ。5分足では、ここから階段のように上げている形。
売りサインは微妙な形だが、282.6で売り指値 しかし、裁量INは止める。指値取り消し。

明らかにトレンド発生の時に、そのトレンドに追随するトレードなので、中途半端な判断はしない。確実なときだけ。


18日のトレード

2007.10.18(Thu)

ノーサイン

つまらないので裁量 ってオイ!


ゴム 279.6 279.5 それぞれ売 順行するも、金の戻りを見てか上げ 利のあるうちに逃げ 279.4仕切 +2と+1

金 換算ではまだ買いOK 為替がちょっと振れるだけでカバー入るはず
2863買 2865仕切 +2

裁量ではスキャルしかできません。怖くて。しかし金よく動くね。
仕切ってからあっちゅうまに2870って・・・終末の勢い。
スポットなんて5分足一本で$2とか変動して、1時間かかんないうちに$4幅動くなんて。
普通の日の一日分でしょう。


後場

全然サインが出ない
引き続き裁量 金を動かない時間に買った途端に下げ -4幅で切り 2872→2868
その後、素直にチャートに従いドテンで2869売り しかし更に損切り 2870 途端に下げ・・・切った直後に2665、2664、2663・・・
さすがに自分のトレードに頭にきた。キーボード殴ったりして。


仕事仕事。


その前に、サインは出ていないが出そうな雰囲気だったので売り。
OCOセットで放置。損切りで切れ -5


トレード中の自分は、何のためにシステムトレードをしているのか分かっていないようです。
トレードに何を求めるのか。おそらく、ギャンブル同様の刺激が欲しいだけ。

シンプルなトレンドフォローのシステムですが、充分に勢いがあるときに乗って、
そして利を伸ばすために考えたもの。
騙しに引っかかっても、トータルで充分取れるものです。

後場だと、282.5で売りサイン 281.5まで順行して282で仕切り +5
282.6 買いでサイン点灯 282.9まで順行して282.4仕切り -2

ルール追加
3本順行して3本目にクロスでもエントリー可。ただし直近のブレイクがないときはノーエントリ。



17日のトレード

2007.10.17(Wed)

前場

ゴムです。
寄り付き後、280まで下げて、売り板が1枚づつ?
なんじゃこりぁぁぁと、試しに280.3指値 買い板には自分の買い注文だけが1個w
うまく約定しないかなと眺めていましたが、そんなワケはなく、ボコボコと上げていきましたw

為替が急落 ゴムの反応が鈍い 懲りずに指値 当然食われず、少ししてから下げだす。
こんな時は成行注文。

チキンハートのせいで、手を伸ばせば拾えるチャンスをみすみす逃してしまった。
凹む・・・


後場

前場は9時代にサインどおり売買できて280.4売 279.8仕切 +6
もう一回入って撤退 +1

そして後場 いつもは動かない時間をスルーして14時に戻ってみると・・・昨日と同じ展開w

超出遅れなので、どうしようもない
くやしいんで、売ってみる。いきなり踏み上げ 277.2売 280仕切 -8 粘りすぎ・・・
ドテンで280買 280.6で仕切り指値 ギリギリで食われず280.2で逃げる +2

もう完全裁量ですがなにか?



その後、どうにも現場が忙しく、場が見られない。

引けてからシステム検証。その後は1勝1敗だった模様。
-3~5ティックで、次が+1.3取って勝ち。

金は・・・ゴムにかかりきりになった時に限って場中大きく動くのはなんでよ。
明日は出張で更新できないかな。

もし出張ない時は、金とゴム両方見るぞ。くそっ・・・

結局本日は大きく+から僅かに-となって終わり。うーん。
システム通りに張っていれば大負けはしないはずなんですが、裁量トレード禁止だ。
ロケットマウスとマクロツールで自動運転可能かも。

しかし、このご時勢に太古の技だな。。。。


プロフィール

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑