ヤマトヌマエビこども日陰チーム淡水化開始その9 最終

2014.06.30(Mon)

本日、日陰チームが完全淡水に移行しました

移行前に記念撮影


ボウアオノリ(゜Д゜)ウマー!!!
s-P6260006.jpg


おなかいっぱいです。
s-P6260007.jpg


頑張って数えてみました。
が、、30を超えたところで中止!

おそらく全部で60~80匹といったところです。
ひなたチームよりも成績がいいのは、元々多かっただけかと。

ぜーんぶ稚魚水槽にぶち込みです。



ヤマトヌマエビ繁殖は、いくつかのポイントをおさえれば、かなり楽です。
これからの水温上昇時期は条件的に厳しいものになる気がしますが、
色々工夫して、夏場のずぼら育成にチャレンジしてみます。
(暑い時期はお休みするのが一番カンタンなんですがw)

また、別な方法で開始した第3弾のチビヤマトたちも無事育っています。
別手法での追加タンクも準備しました、が、ちょっとした事情により9月までブログ記載は見送りにしました。

第3弾のチビヤマトさんは、継続観察のみこれからもUPします。


マトリョーシカ水槽 ち、ちょっと君たち早すぎないか・・・?

2014.06.28(Sat)

稚魚用水槽には、現在、

・ウォウォラエ
・アプロケイリクティス マクロフタルマス
・ヤマトヌマエビ
・ヌカエビ
・ハナビ
・アクセルロディ

の稚魚と幼魚と幼体が雑居しています。(雑居させすぎ!)


この中ではウォウォラエが一番成長頭で餌取りも早いため、ちょっと前に大きめの固体を
3~4匹ピックアップして本水槽に放してみました。

しかし、数日後、全員消滅。ゴメンよ・・・
合流はもう少し大きくなってからだなぁ、と思っていました。



でも、今朝。

あれ?あれあれ?
おなかの後ろに、何やらモジャモジャが・・・

s-P6280002.jpg



拡大。

ss-P6280002.jpg

立派な卵なんですけど!


ええー!?ちょっと、いつの間にそういうことになってた?

おとうさんは誰!?黒い婚姻色出してるヤツどこにもいないよ!?



   まだまだ子供だと思っていたのに・・・



しかし、まぁ、、できてしまったものは仕方が無い!

ので、とりええず産卵床としてモスを投入しておきました。


今日のガサガサ獲物 サッパ(仮)さんのようす 引き続き情報求ム

2014.06.27(Fri)

とりあえず、このあいだガサってきたのは「サッパ」幼魚(仮)ということで。
背鰭と尻鰭の形が、サッパとはぜんぜん違うけどw

全員落ちることも無く、日淡用の特別配合餌(余った金魚餌・不人気テトラミン・拾った試供品・余っためだか餌のスペシャルMIXを砕いたもの)も
食べるようにはなったけれど、大きい餌は食べない傾向。

稚魚用のブラインを投入してみると上手に食べる。
(下手な魚は、その場に留まらずにバンバン通り過ぎながら食べたりするが、こいつは移動しながらもきちんと餌のところで留まって、的確に食べる印象)


人工餌は水中に散って効率が悪いので、いつものブライン給餌ピペットを使ってみた。
すぐにピペット近辺から餌が出てくる事を学習したようで、常にピペット出口近辺で
ブラインの「出待ち」をするようになったのは驚き。

s-P6270007.jpg

背中に鰭が3つあるように見えるのは、胸鰭の角度のせい。

小さな背びれと、その後ろの、尻ひれと対象っぽい形の背びれが目立った特長。
ウロコはとても細かく、メタリックな感じ。膨らんで大きな鰓ぶたも目立つ。





ヤマトヌマエビが怖くておうちに帰れません! 赤テトラさん談

2014.06.27(Fri)


ヤマト大杉www

s-P1030956.jpg

奥のテトラ、通るに通れなくて怯えてる表情にしか見えないのが(笑)



多すぎてキモい!との声も・・・


ヤマトヌマエビこども 一夜にして全員消滅! その3

2014.06.26(Thu)

その2からのつづき


更なる逃走経路があるはず。


今度は簡単に判明した。それは給水チューブ。


ミニ揚水ポンプからの給水チューブ出口は、30水槽の水面には触れていない。
チューブはいったんガラス面に触って、そこから水面までは5mmほどガラスを伝って給水されていました。

しかしチビどもにとって、そんなものは何の障害にもならなかったのです。

シリコンチューブ内。内径4mm。

s-P6200387.jpg


ちょっとマッタ!


てことは、もう既にポンプ内に突入された勇者が??



やっばい。

全員ミンチに?
ファインディング・ニモの、あの恐怖の外部ろ過のインペラに自ら突っ込んだと??


しかし、
s-P6200388.jpg

異径アダプタの絞りが小さくて、これ以上進めない。
チビエビ渋滞wwww



お前ら、どんだけ遡上好きなんだぁ!!!



ヤマトヌマエビの遡上能力を改めて実感しました。
河口から源流近くまで遡上するんだから、こんな水路はまさに朝飯前なんだな。

次からは遡上できないよう、揚水チューブを更に1cm上方にシフトし、更に壁には当てず、垂直滴下。
いくらなんでも、2cmの滝登りは無理だろうとw


その後のチビさんたちは脱走も無く、おとなしく珪藻つまんで遡上欲を溜め込み、悶々としていますw
チビヤマトさんたち用に、遡上アトラクションを作ってあげたら喜びそう。


ps.チューブからチビたちを救出する際、誤ってチビエビ入りの水をぶちまけてしまいました。
小さくて全員救出しきれなくて、あとでかっぱえびせん状態で見つかったもの、本水槽にそのままダイブしたもの多数・・・


日淡水槽のドジョウさんがお亡くなりに・・・閲覧注意

2014.06.26(Thu)

60日淡水槽のなかで、ウルトラ元気コンビだったドジョウさんが、本日急逝。


ミシニのカメコ(仮名)が咥えて、ご機嫌でぶんぶん泳ぎ回っているのを見て発見・・・
s-P6260010.jpg

s-P6260012.jpg

寿命にしては早すぎな感じもありますが、元々大きな採取ものだったので、
詳細は不明です。


普段、カメコ(仮名)の餌をガンガン横取りするライバルだったドジョウさん。

心なしか、残った一匹が元気なさそうです。



カメコ(仮名)には大きすぎて持て余すので、横取りして丁重に埋葬いたしました。


ヤマトヌマエビこども日陰チーム淡水化開始その8

2014.06.25(Wed)

今日は600cc交換で20%汽水。餌もあげた。
みんな変わらず。お水もくさくなーい。

・・・一気にプラケデビューさせちゃうか・・・?


先輩の元ひなたチーム(生まれは同じなので、先輩ではないな・・・)は、大きさにだいぶ差がつきました。
みんなマトリョーシカ上段で、元気にどんどん成長しています。数えてみたら、たぶん21匹。

隊列を組んで底に居並ぶ姿は、本水槽のヤマト軍団を彷彿とさせます。
写真は後ほど。


ほんとはね、21匹じゃなくてもっといたんだけどね、、、そのへんはヤマト消滅その3で。


日淡、海水魚に詳しい方!!ガサってきたお魚さん なんだか分かる人教えて!訂正版

2014.06.25(Wed)

先週の日曜日、家族で近くの海水浴場に遊びに行ってきました。
まだ海開きはしていませんが、いい天気だったので、チビは砂遊び。(エビのチビじゃないですよ?)

そばに小さな川が注いでいるので覗いてみると、あんまりキレイではない。

繁殖期で海に下りてきているからかモクズガニがちらほら。
好きな人は大好きなカニ。んでも、自分的には食べるとこ少なくてメンドクサイいカニだからスルー。
カニミソ好きじゃないし。


なんだかデブッチョの魚がいて、クサフグの幼魚か?と思ったら、オタマジャクシ。
オタマどころか、既にカエルになった固体も。アカガエルかな?
汽水域なのに、大丈夫なんだ。


大量に群れて浅場で砂を煽り、何かを食べている様子の幼魚を手持ちの網で数匹ゲット。
スマートなウグイの幼魚と、



これ、なに?全然わかんない・・・・
s-P6200394.jpg

海水魚の稚魚みたいだけど。コノシロ?



30水槽に1%濃度の薄い人工海水を作って数日様子を見ていたが、
けっこう元気なので、淡水水槽にぽいっと全員投入してみた。

淡水で1週間っても全然平気。

水槽にもなれて、餌も食べはじめた。
たまに、水槽についているコケをつついて食べている様子も。


日淡、海水魚に詳しい方!!ガサってきたお魚さん なんだか分かる人教えて!

2014.06.25(Wed)

すみません。
投稿日付を間違ってしまいました。
日付訂正版はこちらです↓
日淡、海水魚に詳しい方!!ガサってきたお魚さん なんだか分かる人教えて!


ヤマトヌマエビこども日陰チーム淡水化開始その7

2014.06.24(Tue)


もう、「今日のやまとぬまえびメモ」ってブログに改名しようかね。


本日450cc換水で30%汽水へ。
スケジュールどおりだと、本当は35%汽水のはず。

って前回と似た書き出し。こぴぺかw

別コンセプトでママエビタンクを3つも同時立ち上げするので、
チビエビタンクはとっとと空ける事にします。逓減率倍。10%づつ淡水化。

このタンクは、かなりの数のチビが生存している。
もともと多かったのか、多く生き残ったのか、それは分からない。

なぜなら、適当に管理してるから。

だめじゃんw




プロフィール

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑