今週のカブニ 2匹で何してるの?

2014.11.30(Sun)

まだ名前がないので(というか、写真で見ると判別できない・・・)とりあえず仮名でビビリ(仮)とゲンキ(仮)とします。

つーか、なんでみんな名前つけるの上手なんだろー。
概して、野郎共はみんな名前つけるのヘタな。
逆に女子チームは、みんな命名上手。

うちなんか、カメはカメコだし猫はミーだったし犬なんかタロウだし。
ウサギやハムスターには、名前すらなかったぞぃ・・・


んでちょっと前の写真ですが、ゲンキ(仮)が、ビビリ(仮)をしきりに気にしていました。

脚のニオイを嗅いだり、しっぽのニオイをかいだり・・・

s-PB200006.jpg
前あしをクンクン・・・


s-PB200008.jpg

s-PB200015.jpg
ちょっとこっちも失礼して、どれどれ・・


s-PB200016.jpg
たまらず逃げ出すビビリ(仮)

s-PB200020.jpg
何故かいつものメンバー集合。ビビリ(仮)八方塞の図

あぁ、ここには、まだ元気だった頃のパパラムが。
目の色が違いますな。


今日の ちびザリ 威嚇しております!

2014.11.29(Sat)

アナカリスのてっぺんで威嚇しまくる、ちびザリ(餌用ザリの生き残りザリ)


s-PB270003.jpg

てめー餌上がりのくせにえらそうだな。


イモリ水槽に突っ込んでいた、こちらも餌ザリの生き残り(伐採ザリ)は、イモリの尻尾を挟んでイタズラするようになってきたので、威嚇ザリと同じ60日淡水槽へ投入。


どちらのザリも着々と育ってきてしまい、今日なんかは伐採ザリがホトケドジョウの尻尾をつかんで離さない。

ちなみにホトケドジョウってけっこう凶暴です。
ずーーっと前に「いもこ」さんから頂いた選別漏れ?の子デメキンを投入してみたら(何でも投入する日淡水槽!!)
水底からロケットダッシュでデメキンの脇腹に一撃食らわせ、瞬殺してしまいました。

まあ、脱皮までの運命だよザリ君。それまでせいぜいイタズラしていたまえ・・・この水槽はホトケ以外にも猛者ぞろいだからねぇ。


パパラムも不調

2014.11.29(Sat)

カメコのライバルだったジャーマンラムのパパさんも不調。

前日まで、いつもの日課のカメ餌奪いを元気にやっていたけれど、
今朝はなんだか色が黒い。
背びれのツンツンも、折れてる。

これもダメかも・・・


s-PB270008.jpg

餌が足りなかったのかな・・・


グラスキャット不調

2014.11.28(Fri)

グラスキャットが一匹不調です。
ヒゲが短くなってしまいエサを感知できず、逆にエサが来ると逃げる。
体色は白く濁ってきて、日に日に弱っていっています。

他のグラスキャットもヒゲが白く短くなりつつある個体がいたため、エサのあげかたを少し変え、多めにあげるようにしたらヒゲは持ち直しました。

目が悪くてエサ食いがヘタなため、餌取り上手な魚種と混泳させるときは注意が必要ですね。



ヌカエビのお掃除要員としての働きぶり

2014.11.27(Thu)

定食様よりブログテーマのご提供tnx!

こんな働きっぷりです。

s-PB270001.jpg

ただ、投入直後は一気にお掃除が進んだのですが、途中で飽きたのか、お掃除あまり進んでいません。
食欲スイッチはカエデの葉っぱに切り替わり、2日ほどで枯れ葉を一枚葉脈だけにしました。

それと、途中から1日1個コリタブ投入していたので、その辺も影響しているかもです。


ヤマトみたいに水草の食害が無いのがいいんですが、成果を出すには数が必要です。


バイカモ

2014.11.26(Wed)

ここいわき市近郊にも、バイカモが自生している川があります。

冷たい清流でないと育たないといわれ、水槽で維持するのは難しいといわれるバイカモですが、
ずいぶん昔、しょぼい我が家の水槽で普通に増えていたときがありました。

そのときの写真。

s-P1030317.jpg

s-P1030316.jpg

かなり成長が早く、どんどん新芽が伸びてきます。


少ない経験からざっくり言うと、バイカモは、

・そんなに底床の栄養は必要としなかった(立ち上げて半年もしない底床ろ過の大磯水槽で、肥料無添加管理)
・高光量(もしくは特定のスペクトル?)が必要。当時は太陽光を直に当てていた。
・低温でなくとも育つ
・草体に藻類が付着するとダメ


草体がやわらかくておいしいので、ヤマトヌマエビは食害を受けます。
当時はヌカエビを大量に放り込んで、藻類の対処をしていました。

あまりにも繁盛しすぎてえらいことになったので、有茎草のように差し戻しをしようとばっさりカットして、途中発根部分から植え直したのですが、全滅しましたw

掃除役のヌカエビが、同居のオイカワが育ってきてほとんど食べられてしまっていたので、そのせいもあったかもしれません。

立ち上げを構想している、流れる水槽に導入しようかな・・・


今日の ちょいガサ 立派なヌカエビさん

2014.11.25(Tue)

上流域で流れがある水深1mほどの岸近く、やや淀んでして、コカナダモが繁盛し、
枯れ葉が堆積している場所でガサ。
時間が無かったので3~4回網を入れて終わり。

水温は計っていませんが、体感かなーり冷たかったです。10℃ちょいぐらい?


ヌカエビたちは、夏~秋に比べて細かい稚エビが消え、フルサイズの成体ばかりになります。
水温が低いので、網の中でも活性が低く、どよーんとしています。


s-PB200023.jpg

s-PB200024.jpg

s-PB200025.jpg

s-PB200028.jpg


水温もかなり下がるため水が澄んできれいになり、川っぷちで網持って遊んでいると、
清流に来ていると勘違いして、すがすがしい気分になったりもします。

そんな、すがすがしい川の写真は撮るのを忘れました。

s-PB200029.jpg

夏ごろよりも体の透明度がかなり高い感じです。


今日のブッシープレコさん

2014.11.18(Tue)

神々しく輝いてるぜっ!

s-PA290071.jpg

・・・たまたま朝日がいい感じで入射して分光しただけね。


流速が早い水底生活に最適化された、抵抗の少なさそうなフォルムがカッコいいす。
できれば流れのある水槽で飼ってあげたい。

・・・そうだ!そのうち立ち上げを画策している某エビ水槽に突っ込んでやろう。
ほかに、流れのあるレイアウトに向いている魚ってなんだろうな・・・・


しかし、ぶにぶにヒゲだらけのオスじゃなくてよかった。
オス飼ってる人ゴメンね。

あの面構えのアップはちょっと・・・



ピグミーグラミー育ちました 希望者に無料でお渡ししまっす

2014.11.17(Mon)

たーくさん育っているピグミーグラミーですが、大きい固体は
もう充分混泳に耐えられると判断し、里親募集いたします。

餌はブラインで育てていますが、人工餌も食べます。(クレストカラシン使用中)

気軽にっ!挙手してくださいな。


久しぶりの大物スジエビ♀

2014.11.16(Sun)

先日、いつものガサガサポイントにて。

久しぶりのガンダムエビ!(勝手にそう呼んでるだけ)
以前は、イラネッ!って網からポイするほど採れていたけど、今年は少なかった。
s-PB010007.jpg

体長おおよそ50mmのフルサイズの♀。

s-PB010009.jpg

s-PB010001.jpg

キレイなハサミの色です。


昨年はコレより一回り大きなメスが水槽中で抱卵しましたが、たくさん孵化されても
処分に困るので、そのままお魚さんの餌にしてしまいました。

凶暴扱いされているスジエビですが、基本はビクビクと逃げ回っています。
ただ、抱卵したメスは豹変し、水槽のコーナーを陣取ってはさみを振り上げ、
近づく魚を全て威嚇し追い払っていました。

母は強し。


スジエビから話が飛びますが、いつか飼ってみたいエビさん。
それはオニテナガエビ。

Macrobrachium_rosenbergii.jpg

・・・かってにwikiペディアの画像東洋(汗

郡山市の某ショップで、でっかい水槽に飼育されているのを見たことがあるのですが、
キレイでカッコ( ・∀・)イイ!!

しかし、こんな大物を生き生きと飼う水槽を置く場所がない。(´・ω:;.:...


プロフィール

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑