今年もお世話になりました 最後の最後に日淡水槽破壊しました

2014.12.30(Tue)

久しぶりの更新です。

仕事の年末進行やら何やらでしばらく更新できませんでしたが、ネタは色々あるんで年明けからボチボチといきます。

今日は、たびたび当ブログにでも取り上げられる60日淡水槽ネタです。

本日、サッカーボールが日淡水槽めがけ華麗なスルーバスを決めやがりまして、水槽はその短い歴史を閉じました。
大人子供合わせて総勢7人が2時間以上かかって事後処理を済ませました。期せずしてトドメの大掃除をした気分です。

せっかくなので、60日淡 30イモリ 30ミナミメダカのそれぞれの水槽をすべて撤去し、90スリムアクリル水槽を新たに立ち上げ、集約させる予定です。

濾過方法や、それぞれが快適に過ごせるレイアウトを妄想しています。


今日の新規導入した水草さんたちのその後

2014.12.21(Sun)

具合が悪くなりかけた頃の暴れまくったミシニさんに抜かれまくり、植えては抜かれ、植えては抜かれした水草さんたちですが、現状を。


まずはまずは、定食様からいただきました、えーとなんだっけ・・・ヘテランテラ!

s-PC190033.jpg

新芽!!
ヘテランテラはウチの水槽でも大丈夫のようです。よかった。♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー定食さま。
奥に写っているひょろいロタラは、ダメみたいですな。


次。
s-PC190035.jpg
ナヤス。噂に違わぬ丈夫ぶり。新芽新芽!


お次はレッドロタラ改めオレンジロタラ。
s-PC190037.jpg
猛烈にエビに食われて、ほっそい葉がてっぺんにしか残ってないっす。ダメっすな・・・


次。ミクロソリウム・ウィンディロブ
s-PC190038.jpg

いいんだか悪いんだか分からないけれど、横向きに岩に突っ込んだらワサワサ上向いてきたので、大丈夫だろうと。
手前にハイグロフィラ ポリスペルマの残骸が少々。勢いが無い。。


最後にネジレモ。スクリューバリスネリア

s-PC190039.jpg

s-PC190032.jpg

ぶっといランナーや、ネジネジした新芽がどんどん出てきています。
コレが一番適応している模様。光が当たると、細かい気泡が連続して出ています。
コレとナヤスの組み合わせは、なんか和風でいいね。岩組みに合います。

以前、総硬度を測ったらたいした事無かったんだけれど、岩と砂だらけだから、
やはり硬度の高い環境に向いた水草が残るのかな。

そういえば、全滅したと思っていたキューバパールも、荒ぶるカメが底砂掘り返したたときに、
アチコチから顔出していたり、浮いたりしていました。
底砂を軽く払うと、その下でけっこう広がって育っていて、おそらくはエビの食害から逃れ、
砂の間から漏れてくる光で育ち続けていた模様です。
見えなきゃ意味ないじゃーんなんですけれど。


そして、そのあらぶっていたカメ様のチビミシニは、本日危篤になりました。


はさみなしアメリカザリガニ 君は餌だった

2014.12.20(Sat)

60日淡水槽の餌ザリの生き残り。現在2匹います。
先日のブログにチラッと写っているのは小さいほう。
本日は、もう一匹の大きいほうにスポットライトをば当ててみまして。


おおきいほう、、ちょっと前に脱皮しました。
この大きさになると、最も危険である脱皮時にも、誰も襲わない。
だれか襲って食べてくれよ・・・


そうだ。
同居人のホトケドジョウの尻尾を丸坊主にしてしまうやんちゃなハサミさんには、この際・・・

ごめんよっ!とピンセットではさみをつまむ。

スポン、と自切する腕。


ザリガニファンの方、ゴメンナサイ。

s-PC190041.jpg

ころんとしたザリガニの出来上がり。バランスわるっ。
でも、食欲旺盛でとても元気に過ごしております。





今日の紅葉のその後

2014.12.19(Fri)

今月4日のブログの紅葉(エビ餌)のその後

s-PC190032.jpg

柔らかい部分はきれいに食べられて、葉脈の部分だけが残っています。


いただいた水草や新規購入した水草もだいぶ様子が変わってきました。
その辺はまた次回。


更にカメねた 日淡水槽のカメコさんは元気です

2014.12.18(Thu)

今朝の水温、18℃を記録した60日淡水槽。
ヒーターを入れてはいるが設定が低いため、20℃を割ってしまっています。

日淡水槽とはいえ、ボラやニオイガメもいる、ごった煮水槽。
ニオイガメがミドリガメに取って代わるであろう近未来の日本の小河川を先取りした水景かw

生餌からサバイバルしたザリガニさんもいるので、水草は完全に無くなりました。
最後まで残ったアナカリスも、ザリガニさんが直カジリで丸坊主に。

s-PC180033.jpg

殺伐とした水景ですwww
丸々と太ったドジョウ。


s-PC180035.jpg

すぐにパニクるニゴイ。ドロンとした目がキュートw

s-PC180039.jpg

常に巡航速度で泳ぎ続けるボラ。止まらないから、うまく撮れない。
だいぶ大きくなりました。
常に動いているため、餌を1日切らしただけで目に見えておなかが凹みます。
超燃費悪いヤツです。



そんな水槽の主、カメコ様。
s-P1040101.jpg
なんというか、休憩中の姿勢

底床ろ過のエアリフトパイプの隙間で寝るのはサイズ的に不可能になったため、
こんな場所で、こんな姿勢で休んでいます。ヒーターのそばからは離れられない。


ぐったりニオイガメネタは続くのだ

2014.12.17(Wed)

自分なりに、ぐったりしてしまった原因になりそうな事柄を書いて考えてみる。

・水温の低下、水質悪化等の環境悪化
チビカブニ2匹を含めたほかの成体全てがすこぶる元気なので、考えにくい。

・他生体ストレス
120水槽内で暮らしている間、人間以外にびびる生体がいないので、考えにくい。

・季節柄、軽い冬眠??
もっと冷たい水槽内のカメコは元気

・腸閉塞
様子がおかしくなる数日前、サカマキガイを一つ一つ与える時間が無かったので
ばらばらっと水槽内に撒いたところ、あちこちの砂を掘り返して貝探しをするのが
しばらく日課になっていた。
その後に様子がおかしくなりだしたので、消化不能なものを食べてしまった可能性?


現在は、ほとんど陸に上がってじっとしているだけ。食欲は喪失。


s-PC100033.jpg
これは先週のショット。
アクリル水槽の角部分で周りがぐるっと囲まれているため、程よい湿気と温度がいいらしく、
みんなのお気に入りの場所です。
3匹がカメ団子になって固まっています。

s-PC100037.jpg
ちがうアングルから撮影。



今は、目を閉じてじっとしているだけ。


ミシシッピニオイガメ 体調不良に

2014.12.15(Mon)

以前、ミシニのカメコともう1匹、ミシニを飼っていました。
まだまだチビカメの頃、もう一匹のほうは、食欲はあるのに飲み込めない、という症状が出て、
だんだん衰弱して落ちてしまいました。

そして今、120でチビカブニさんたちと混泳しているチビミシニが、まったく同じ症状が
出ています。
まだまだ元気で食欲もあり、餌に噛み付いてばっふばっふとしているのですが、
嚥下できず、みんな粉々になって口から吹き出してしまう。
まるで喉に栓をされているような感じ。


これは、まずい。
どうしたらいいんだろうか。


チビミシニの様子がなんか変

2014.12.13(Sat)

最近、チビミシニ(ミシシッピニオイガメの子供)の様子がなんだか妙です。

餌にあまり反応しなくなって(食べるけど、人影に反応して踊らなくなった)、
やたら砂を掘り返しています。

がしがしラッセル車の様子を写真に撮ったのですが、デジカメ行方不明・・・

しかたがないので、古いデジカメ引っ張り出してみました。


s-P1040112.jpg

あちらこちらをガシガシ掘って移動しています。これは掘り返し後1日たった惨状。
ブッシーが隠れてます。
おかげで、朝になると色々な水草がプカプカ・・・


s-P1040111.jpg

s-P1040109.jpg

こんな感じで、狭いところに頭突っ込んだまま。
ちなみに、ここはピーコックガションのお気に入りの隙間。奥で横になってるヤツがそれ。


冬眠したいのか!?!


今日のメダカ水槽 水温12℃

2014.12.12(Fri)

最近だいぶ冷え込んでまいりました。室内の無加温水槽も、時に10℃を下回ります。
今日のメダカ水槽は、12℃ だいぶ冷たい・・・

s-PC100041.jpg

縄張り主張中のハゼのなかま。小さくて同定無理。体色が黄土色一色


s-PC100042.jpg

ヌカエビ♀。やや大ぶり、♂に比べて色が付くことが多いです。


s-PC100043.jpg

ホトケドジョウの腹。赤いですねー。


s-PC100045.jpg

水温、12℃


s-PC100047.jpg

クロモにでろーーんとぶら下がり休憩中。
ハゼの子供 小さくてナンダかはよくワカラナイ。
体型がスマートなのでヨシノボリではない、と思っていたけれど、顔のアップ見るとヨシノボリなのか・・・


s-PC100048.jpg

ホトケドジョウ、たたずんでいる所。
胸鰭と尾びれの3点接地で体を支えています。


s-PC100050.jpg

マツモで休憩中のヌカエビ♂
ヒゲ、超長っっ!


しまった。肝心要のメダカの写真がない(;´Д`)


今日の 水

2014.12.11(Thu)

えーと、小型水槽の換水用の汲み置きタンクの写真が見事だったのでパチリ。
2Lと4Lのペットボトル群、全部で38L。普段はこんなに並びません。

s-PC100038.jpg

西側なので、直射日光はそんなに当たらないのですが、こんな感じで窓際に並べて
塩素抜きした水を使っています。
2~3日適当に並べて、あとは栓をして物陰に並べて保管してます。
無加温水槽と温度が合っているので、そのままドボドボ投入できるので便利。

一度、地震のときに1本だけ落っこちて床が水浸しになっていたことが。。。




プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑