Sep-Artアルテミアの孵化率が史上最低な件

2015.04.24(Fri)

今まで稚魚の餌に使っていた「パーフェクトブライン」がなくなったので、新たに
Sep-Art Artemia Systs(セパート アルテミア)をレヨンベールアクアさんから購入しました。
(パーフェクトブラインは、販売元にアクセスできなくなりました)

ブラインシュリンプエッグの殻を帯磁させて、孵化後のノープリウス幼生と卵殻を簡単に分離できるという技術は
INVE Aquaculture社のものなので、どちらも出所は一緒だと思います。

購入したのは、OCEAN NUTRITIONのもので、200gの缶入りで、総代理店はLSS研究所さんです。
s-P4240152.jpg

早速使ってみました。
耐久卵は今までのものより、やや黒っぽくて大粒な印象。顕微鏡で見てみると、ややゴミというか、表面のコーティングムラが多い感じ。

1回目、ほとんど孵化せず。(26℃ 20g/L redsea人工海水 LED照明アクアスカイ602を9H ハッチャー24使用)
2回目、昨日の反省を踏まえて、海水濃度を上げてみる。(30g/L)しかしまったく同じ孵化率。
3回目、30g/Lに、耐久卵の投入量を少し減らす。更に強光(アクアスカイを近づけて、点灯時間を1H延長) 孵化率変わらず

今までは、1回目のレシピで感覚では95%以上の孵化率だった。(redseaを使わずシママースなどを使うと、ややダウンする印象)
しかし今回は、未孵化率が95%以上な感じ。

今までの経験上、ショップで長期在庫されていた風情のテトラの黄箱20ccのものが最低孵化率だったけれど、
これはそれをはるかに上回る低孵化率

どうすりゃいいのコレ。なにか孵化手順で問題点があるのか??
とりあえず、レヨンベールアクアと元締めのLSSサポートに連絡してみますが・・・


Category: 用品など

09:20 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

今日のサバイバルザリ 餌くれダンス

2015.04.23(Thu)

イモリさんと同居していましたが、イモリが万が一産卵したらコイツが食べちゃうので、隔離しました。
バケツにぽちゃんと。

近くを通るたびに、水面から顔と手を出して、「ごはんちょうだいぃぃぃ~」てなかんじで、
ぱたぱたとはさみを振り回します。
こんど動画撮る。

ザリガニも人に慣れるんだねぇ。頭いいわ。ふわふわ飄々と生きているヌカエビとは大違いだ。

s-P4141055.jpg

まるまったヒゲがリボンみたいで、妙にかわいい。

Category: エビさんたち

18:57 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

今日のピーコックガション稚魚 その4

2015.04.22(Wed)

しばらく変わり映えのしない画像が続く予感。
今朝のチビたち。

s-P4220155.jpg

小さくてわかりづらいですが、胃袋が色づいているので、餌は食べているようです。
ブラインをおいかけて、上手に一口でキャッチしていました。


今まで全ての卵は、2日ほど親に面倒を見てもらった後は、全て取り出して別管理していました。
ミニ土管をナナメにセットして、上側の開口部に内径1φ外径2φのシリコンチューブをセットします。
これで、土管内の下流から上流側へと、エアーリフトによる水流が発生するので、卵の酸欠や汚れによる
発生の障害が防止できます。
また、卵が底側になると水流に乗ってきたゴミが引っかかってしまうので、卵は天井側になるように土管をセットします。

1日1回くらいは中をチェックして、未受精卵や発生途中で死んでしまってかびた卵は、ピンセットやスポイトを駆使して
何とか取り出します。

↓これは、以前緑水管理で自然にミジンコを沸かして育てようとしていたときのセットですが、土管の配置方法は同じです。
s-P3300725.jpg

Category: 稚魚水槽

08:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

今日のピーコックガション稚魚その3

2015.04.21(Tue)

ピーコックガションの(おそらく)2回目と、4回目の稚魚たちです。
s-P4210158.jpg

稚魚の合間に見える小さいのは、24時間ブラインベビーです。

s-P4210157.jpg

1匹だけ残った大き目の稚魚が何回目の産卵の固体なのかは正直なところ?です。
何せ、緑水管理の放置プレーでしたので(汗)

4回目の産卵のチビたち、ブログ更新をサボっているうちにみんな孵化しました。
産卵より6日目から孵化が始まり、7日目で孵化完了な感じ。孵化直後は卵の近くでじっとしていることが多いです。
8日目の今日は、全員泳ぎだしています。
早生まれの固体は24時間のブラインを食べられるようになっています。一安心。

餌は、このままブラインを続ける予定です。途中途中で気まぐれに人工餌もおやつ程度に。
人工餌食べてくれないと、大人になって面倒なお魚になっちゃうからねぇ・・・

ちなみに、ブラインのみだとベリースライダーになるという記事も目にしますが、うちでは今まで孵化した色々なお魚さんのチビたちの中で、
ブライン給餌のみでベリースライダーになった固体はありませんでした。


そして残念なことが。

一昨日、ガションのペアに余りブラインを投入していたとき。
このペアは人馴れしていて、いつも人影(というか手影)を認識すると、水面に上がって餌をおねだりします。
産卵時は仲の良いペアですが、何故か餌時は仲が悪そう。
仲良くブラインを食べていたかと思うと、オスがメスに体当たりかましたりしています。

一発目のブライン投入から30分後、もう少しあげようかと様子を見てみると、何故かメスがいない。
水槽内どこを探しても、いない。

おそらく、水面近くでオスの威嚇に驚いたメスが飛び出してしまい、水槽の外に飛び出してしまった模様・・・
水槽の一面が壁に面しているため、壁サイドに飛び出してじたばたしていると、
運が悪いと微妙に開いた壁と水槽台の隙間のブラックホールに吸い込まれ、救出不可能となってしまうのです・・・

このペアはまだ若く、とても元気で状態が良くて、さらなる産卵が期待できたのですが、残念な事故でした。

4回目のチビたちは、なんとしても全員育て上げないと!

Category: 稚魚水槽

18:54 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

今日のピーコックガション 4回目産卵 卵写真と動画

2015.04.17(Fri)

今回はまじめに取り組んでますよ。

まずは4回目の卵たちをパパさん大事に守る絵から。

s-P4141051.jpg

s-P4141053.jpg

s-P4141054.jpg


このあと、パパさんの隙をみて卵土管を取り出します。
子供の世話ばっかりしていると、パパさんくたびれてしまいますからね。


取り出して2日後(産卵からは4~5日後)、土管の一部の卵がかびていたので、
ピンセットで取り出したら元気な卵まで取り出しちゃいました。
ついでに観察です。

卵に付いているネット状に見えるものは、土管の壁に卵をぶら下げるための組織の一部です。

s-P4161077.jpg

更に、動画も撮ってみました。



顕微鏡の照明をONしたら、卵の中のチビたちが一瞬パタパタ暴れました。
目は機能しているようです。

Category: 稚魚水槽

18:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

今日のピーコックガション 3回目の産卵は全滅でした

2015.04.14(Tue)

まずはこちら。
s-P4080758.jpg

即席で作った仔魚箱。

材料----------------
その辺に転がってた何かのフタ
その辺に転がってたスポンジの端材
その辺に転がってた水きりネット
------------------
フタを切り抜いた穴に張った水きりネットは細かいのが無かったので、2枚を180度交差させて重ね張り。
ネットの余白はキレイに切り取りますよ。

ここに、3回目産卵して発眼した卵の鉢を投入しました。そして、120水槽へ投入。プカプカいい感じです。



翌日。
スポンジが吸水して、沈没していました。ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!。

卵たちは、全て120水槽の住人たちにおいしく頂かれておりました。


そして、1回目と2回目の卵を入れていたプラケですが、、、
週末2連休とれたので(自営の悲しさ。毎週土曜日休みじゃないんですよっと)
おのぼりさんをして、お台場だの豊洲だのを徘徊して戻ってきたら、、、

こちらも壊滅しておりました。3日近く放置してたからね・・・
餌にしていたミジンコが激減していたのと、あまりにも放置管理で生物相が良くなかったようです。
緑水も、半分換水しても一日で視界不良になるぐらいだったので・・・

いったんリセットして仔魚を確認したら、残り1でした。
P4141050.jpg

仕切りなおしです。
次は、もう少し積極的にまじめ世話モードで。

Category: 稚魚水槽

09:03 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

今日のミシシッピニオイガメ 対 カブトニオイガメ

2015.04.08(Wed)

このところ、毎回カメネタですな。



エサタイム以外は、カメさんたちケンカもせずに穏やかなんですが、人の姿を確認すると、

s-P3250690.jpg

まずはカブトニオイガメの「ミギー」さんを前足で押さえ込みつつ、、、

s-P3250691.jpg

上層を悠々と遊泳して、

s-P3250694.jpg

ぼすっ!とまたまた前足パンチ。

s-P3250695.jpg

隣の「ヒダリ」さんに、同じくパンチ。

s-P3250696.jpg

「ミギー」さん、奥に退散。


カメコさん、偶然やっているように見えますが、わざと踏んづけて上泳いでいます。毎回同じパターンなので。

このさりげない威嚇でもチビカブニたちが逃げないと、甲羅に向かって威嚇の噛みつきアタックを「コンッ!」と
当てにいきます。
さすがにコレを食らうと、チビたちは鼻からあぶく出して退散!


しかし昨日、このところ成長著しいチビカブニが初めて反撃しました!!!
一瞬の出来事だったため撮影は間に合いませんでしたが、甲羅のフチに噛みついたミシニ姐さんに、
噛まれた姿勢から首を伸ばして「カッ!」と一発反撃するチビカブニ。

結局、体格に勝るカメコさんが、そのまま押し切って余裕の追い払いを見せましたが、カブトニオイガメの気性を
垣間見た瞬間でした。
いつか混泳できなくなる日がきそうです。

Category: ニオイガメ

18:09 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

今日のニオイガメ パールグラスの茂みから( ノ゚Д゚)おはようございます

2015.04.07(Tue)

先日チビカブニが開けた穴を、ミシニ姐さんが拡幅して占有いたしました。

s-P3310729.jpg
s-P3310735.jpg
s-P3310738.jpg
s-P3310739.jpg

カメコ、発進!!!
のたびにパールグラスがばすばす抜けていく~~(´;ω;`)

でも、人間の勝手な想像ですが、茂みに潜って休んでいる様子は気持ちよさそう。


しかし現在、全体の2/3が抜けてしまっています。
見るも無残なその姿はそのうちUPします・・・

Category: 120水槽

08:33 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

パールグラス掘りってなんて楽しいのさ!! by ニオイガメ

2015.04.04(Sat)

やばいです。

ウチのニオイガメたち、全員パールグラス掘りに目覚めてしまいました・・・
パールグラスの茂みのアチコチに、ぽこん、ぽこんと丸い穴。

s-P3280720.jpg

s-P3280719.jpg

s-P3280721.jpg



今まであんなに気に入って砂を掘り返していた旧宅も、いまやもぬけの殻。
いつの間にか、掘った砂も平らに戻っています。s-P3280716.jpg





またまた大作に挑戦中。

「みてみて!こんなにじょうずにほったよ!ぱっはのなかってきもちいいね!」
s-P3250687.jpg

s-aP3250689.jpg

緑の破線は出来上がったトンネル。
赤の破線は現在進行中のトンネル・・・

おねがいですもうやめてください・・・・orz

Category: ニオイガメ

18:00 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

今日のピーコックガション 2回目の産卵組 稚魚ちらほら

2015.04.03(Fri)

2日ほど前の状態です。

ピーコックガションの仔魚がだいぶ孵化しました。

s-P4010742.jpg


普段はまったく泳がず、どこかに張り付いてじっとしているようです。
ブラインを投入したら、どこに隠れていたんだろうと思うぐらい、あちこちからパタパタ泳ぎだしました。

P4010741.jpg

かろうじて写せた、泳いでいるところ。
まだヨークサックが残っているような・・・

P4010744.jpg


水槽の汚れにヒレを引っ掛けて休んでいるところ。
肝心なところが汚れで隠れていますが、まだヨークサックありますね。

Category: 稚魚水槽

08:56 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑