ショック 稚魚タンク沈没 犯人(犯亀)はカメコ

2015.09.25(Fri)

120水槽のレイアウト岩を利用して半固定したプラケで、今まで色々な稚魚を育ててきました。
今回は、シュードムギル・パスカイの稚魚を育てていて、あと1週間ぐらいで30センチ稚魚水槽のちびマクロフタルマスたちと
合流できそうかなと思っていた矢先。

最近プラケと120水槽の隙間が妙にお気に入りのミシニのカメコさん。
ゴツンゴツンといつも音を立てているので気にはなっていたのですが。

朝。
沈んだプラケのフチに手をかけ、中にすっぽりとご機嫌に納まっているカメコさんが・・・
かわいい絵ではあるんですが、、、ようやく念願かなったんだねカメコさん・・・


どおりゃあああああこのくそかめがあああああ!!!



沈没したプラケのイメージ画像。
s-P3270706.jpg
ちなみにこれは半年前に沈没したときの絵です。下にちょんこり写っているカメコ。


今回は気持ちに余裕がありませんでした。写真撮ってる余裕が。

カメコ引っつかんで、水槽のはじにどおりゃぁぁぁ!(気分はね)とぶん投げ(したい気持ちを抑えて・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッと投げ)

パスカイ、全滅ですパスカイ。
あーもういちど繁殖水槽セットすんのかー間に合うかなー。

Category: ニオイガメ

18:04 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ヤマトヌマエビの超簡単な増やし方 着底

2015.09.19(Sat)

換水した翌日、続々と稚エビ着底です。

分かりづらい、どうでもいい写真が続きます。

s-P9191476.jpg

s-P9191485.jpg

s-P9191487.jpg


昨日大量換水してしまったタンクのほうも、みんな元気でした。

s-P9191486.jpg
かっぱえびせん。
s-P9191488.jpg

どうやら今回は、赤ゾエアになって以降の餌の量が少なかったと思われます・・・
ただ、一気に大きくするより時間をかけて育てたほうが丈夫な成体になるのは
エビも一緒だと思うので、コレでヨシと・・・

Category: 未分類

08:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤマトヌマエビの超簡単な増やし方 水換え

2015.09.18(Fri)

赤ゾエアになってから既に2週間。

なのに、成長が遅い。まだほとんど全員ふわふわゾエアのまま。
壁にしがみついてじっとしているチビも増えてきたけれど、遅い。


これからどんどん水温が低くなってくるので、更に餌の量を増やし、不本意ながら換水を実行しました。

シリコンチューブにエアストーンを挿して、サイホンの原理で水を抜きます。
エアストーンはチビたちの吸い込み防止のため。


現在管理しているゾエアタンクは2本。

s-P1040409.jpg

s-P1040413.jpg

2本のペットボトル、向かって右は天然海水で立ち上げました。(左は人工海水立ち上げです)
右のほうは、なにやら海藻が勝手に増えています。。。壁面にしっかり付着しているあたりがすごいです。
左の緑のもさもさは、モスの成れの果てです。

右は1/3換水、しかし左は他の仕事をしながらの平行作業だったので、
うっかりほとんど抜いてしまった・・・4/5換水を完遂(汗)
使用した海水は人工海水(レッドシー)です。



そして、ゾエアの成長速度も、右の天然タンクのほうがやや良です。
また、一度、給餌間隔があいてしまったときに、左タンクは一気に数を減らしましたが、右はさほど影響はありませんでした。
これは元々右のタンクが使いまわしタンクで、既に壁面にかなりの量の緑藻や珪藻が付着していたせいもあるかもしれません。




話は変わって餌ですが、動物性のものを追加しました。プレタブに乾燥ミジンコと乾燥イトミミズを混ぜて、
乳鉢でごりごりゴリゴリと粉餌作成。1日2回。
s-P9191479.jpg

s-P9191481.jpg



さて・・・ほぼ全換水してしまったタンクはどうなるでしょうか。
次回の更新をマテ。

Category: エビさんたち

08:15 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

なつやすみに海で掬ってきた小魚たち

2015.09.05(Sat)

なつやすみに、子供と、さらに帰省している七宝焼き作家の妹を引き連れて海にちょっとだけお魚とりに。
そんなネタを、今頃更新。
うちの子供は魚とりにはまったく興味ないので、主に金魚七宝作家さんのためのお出かけか。
なんとかボラの子供を数匹採って帰った模様です。


ウチの網には、こんなのが入りました。磯の定番小魚たち。

まずはクサフグさん。かっかわいい。
s-P9031457.jpg

s-P9031459.jpg

s-P9031458.jpg

水槽に入れたその日から、粒餌を普通におなか一杯食べています。ぽんぽこりんになるぐらい。
約3週間で、倍ちかく体長が伸びました。


メジナの幼魚。
s-s-P9031463.jpg
忙しく動くのでどーしてもぶれる。トホホ・・・
他より育った固体なので自然界の厳しさが身にしみているのか、すごいビビリでした。が、最近だいぶ慣れてきました。
常に餌をねだりにきます。
性格はきつめ。同居人のクロダイ様をアタックかまして追いまわしています。


その、追い回されるクロダイ様。黒鯛のイメージの割りに、控えめ。まぁ、まだ小さいしね。
s-s-P9031464.jpg

けっこうきれいなイソスジエビ
s-P9031469_201509051112107f3.jpg
淡水で見かけるスジエビよりもきれい。そして活発。

アゴハゼ
s-P9031468_20150905111209c9e.jpg
食欲旺盛。



メジナとか黒鯛とか、このまま育ったらサイズ的にアレなんですが・・・

ちなみにチビボラ、後日、住宅地の水路(水深5~10cm)で、無数に泳いでいるのを発見しました。
ここなら、5分で100匹採れるわ。手でも採れそう。



Category: 30水槽

18:10 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ヤマトヌマエビの超簡単な増やし方 赤ゾエアに

2015.09.04(Fri)

ほぼ全員赤ゾエアに成長しました。
写真で分かるかな??
s-P9031454.jpg
撮影のために移動したら、エアがずれてしまいました。普段はもっと左(キャップ部分)から泡が出ます。

s-P9031451.jpg

s-P9031456.jpg

餌は引き続き、削りプレタブです。1日2回。少し量多くしました。

ボトルの汽水にやや濁りが出てきました。
餌の量を増やしてから顕著に濁ってきたので水質の悪化も疑われますが、
それと同時にチビエビの育ちも良くなりました。
植物プランクトン増殖による濁りのほうに期待。

ここまで水換えは無しです。
というか、最後まで水質維持目的の換水はしません。

次回は、ついに親と同じ形態の稚エビです。
稚エビ化して着底すると、後半のやや面倒な作業である淡水化が始まります。

Category: エビさんたち

18:23 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑