塗装器具のメモメモ

2017.01.31(Tue)

中学生のときに、お年玉やお小遣いやいいじまホビー(ローカルネタ失礼)のポイント券やらなにやらかき集めて買った、
オリンポスのエアブラシ。まだ持ってた。使えるんだろうか。

s-P1280002.jpg

s-P1280003_20170131094420e7d.jpg

当時、顕微鏡で見ながらニードルを均等に砥いでメンテしてました。
とっても細い線が普通に描けた。
でも、憧れて買ったものの中学生には荷が重いツールで、ガンプラのガウ攻撃空母に付いてきたザクを改造複製して、
4色迷彩して喜んでいたくらいしか記憶にありません。

オリンポススペシャル B-****** と書かれていますが、スペックが分からない。
たぶんノズル径0.18mmのヤツじゃないか、、くらいしか記憶がない。


s-P1310005.jpg
コンプレッサーは、欲しいけどまだない。だって高いからー!!!

代わりに、5000円以内で買える18Lエアタンク(1.2Mpa以下推奨)に、レギュつけて代用。
エア供給は、会社のでかいコンプレッサーから貰えばOK。
GSやタイヤショップなんかでエア貰ってくるのもありですね。
電源要らないので、出張ペイントできるぞ!(いつだれがどこでやるんだwww)

さぁ、道具は揃っているぞ・・・・ナニで練習しようかなw













バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その4

2017.01.28(Sat)

珍しく連投だー。
バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その4です。

前に載せたパラボラアンテナですが、ビークルファルコンを作っている方のブログをあちこち拝見させていただいたら、
アーム部分をプラ板で再構築している方が多くて、やっぱりやり直そうかな・・・と。
でも、、、でも、、、なんかめんどくさそうで、労力の割りに現状からさほど変わらないような気もして、だったら
その労力を違うほうに傾ければいいじゃん!という、不純な?動機で少し手を入れました。

前回 Before
s-P1100008.jpg

現状 After
s-P1280001.jpg
土台のうわっつらを半分ぐらい削いで縁をぐるっとプラペーパーで包み、中にそれっぽく加工した伸ばしランナーやら色々を
配置してます。
ん?? 写真見たら、アームの支柱に貼り付けた真鍮パーツが取れてる。ホントは2個並んでます。




そろそろ工作も終盤なので、厚いままにしておいた窓枠たちを細く見えるように加工しました。
以前にも書いた、「三角柱加工」で、一見細く見えるような処理をしています。

s-P1280014.jpg

s-P1280012.jpg
砲台の窓枠は、リーチが長く強度が不安なので、ちょっと残念な仕上がりですが放射状の枠は敢えて厚みを残しています。
だって、加工中にぐにぐに曲がるんだ!!
また、板パイプは、できるだけパイプになるよう、あちこち不要部分を削って開口しています。
s-P1280006.jpg

前回不掲載のパイプを配置したとこ。
s-P1280003.jpg

板パイプ処理
s-P1280004.jpg

こんな感じで、ぼっそぼっそと縁薄処理と板パイプ抜きとコの字切り欠きを同時進行してます。
s-P1280008.jpg


次回は電飾その1~エンジン部分です。


バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その3

2017.01.27(Fri)

バンダイ ビークルモデル バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その3です。

コクピット乗務員!製作しました。
あまりにちいさくて、ダブルルーペ必須です。

色々物色した結果、使えそうなポーズが入ってる、コレを選びました。


この中の、ピンク矢印のやつを使っています。
箱絵とぜんぜん違うじゃん!!!帽子はどこ?
s-P1270003.jpg


スライムの海から這い上がってきたゴリラのようなこいつを、
s-P1270002.jpg

s-P1210004.jpg
s-P1210005.jpg
s-P1210006.jpg
ソロ船長っぽいヤツに作り変えました。
隣にいるのはポールペンの先です。


頭がデカ過ぎるこいつは、
s-P1270001.jpg

s-P1270005.jpg
s-P1270004.jpg
チューバッカっぽいヤツに変更です。まだ頭大きすぎだねー。

ソロ船長(らしきもの)をクレオスのラッカーで塗装したら、小さすぎて乾燥が速くて作業しづらかったので、
チューバッカ(らしきもの)は、田宮のエナメルで塗装してみました。


バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その2

2017.01.17(Tue)

前回の続き。

めあてのうち、
・型抜き関係
・だるいモールド
あたりに少し手を入れてみた部分です。
全部やってたらきりないので、自分なりに目立つとこだけです。


s-P1100008.jpg
ここは、昨年キット入手して一番初めに手をつけていた部分ですw そのぐらい目立ってたパーツです。

パラボラの支柱が抜けていないので、なるべく細くなるようにくり抜きました。
真ん中の部分は筒状になっているので、そんな感じで削っています。
全部細い支柱にしてしまうと強度的に不安なので、奥の2本の支柱はそのままです。どうせ見えません。
削っていたら土台に穴があいていたので、適当に塞いでおきます。
その土台部分は妙に嵩高で浮いた感じです。後で何とかしようかな。

s-P1100009.jpg
4連レーザー砲台は、繋がっているのが激しくダサすぎ。
真鍮線とパイプで作ってみましたが、キットを見本に作ったため更にダサくなりました(汗)
ちゃんと資料を当たったら、ぜんっぜん形違うじゃん。バンダイのうそつき。
・・・でもせっかく作ったので、裏側に使います。

砲座の窓枠も抜いてみました。
まだ厚みがありますが、作業中の破損防止のためで、最後のほうになったらぎりぎりまで薄くします。
ここは、三角柱加工が通用しない、嫌な場所です。


s-P1100010.jpg
真鍮パイプで作るのは止めて、キットのパーツを、繋がっている部分削除して、砲身に見えるよう丸く整形してみました。
先端の穴は思案中です。開けても見えないんだよね・・・。
しかも1本に2個穴だし。サイズ的に、0.1mmのドリルでも厳しそうだし。


s-P1100011.jpg

s-P1100007.jpg
すごく分かりづらいですが、コクピット後部のギザギザベルト、上部はいいのですが横にくるにしたがって型抜きでギザギザモールドが出せないのを、バンダイさんは階段形状に張り出させることでクリアしています。
すごく変なので、目立った階段部分の4段ぐらいを削り落とし、それっぽく溝を切っています。

s-P1100026.jpg
穴のフチや、船体外周を薄く削ってシャープにしています。と同時に、コの字切り欠きモールドを彫りなおして、シャープにしています。
もう少し薄くしたほうがいい感じかな。
上の穴に付いているY字型のパーツは、除去して最後の最後に真鍮パーツで追加予定です。
写真にチラッと写っていますが、スラスター周りのパーツも、エッジを出したり、伸ばしランナーでディティールを追加したり、
だるいモールドを掘りなおしたりしましたが、あまり変わった感がしませんでした。

s-P1100024.jpg
お椀とクチバシの接合部は、タガネでカリカリ掘って溝作っています。

型抜きで壁になっている部分を裏と表から抜いて、奥はそれっぽいディテールを、プラ材の端切れと伸ばしランナーででっちあげました。

配管も2本作り変えましたが、完成後に差し込むようにしたので今回は写っていません。
差し替えた配管は0.2mm真鍮線で作り、機体の管を受ける部分を0.2mmのドリルで開口しておいて、
あとでそこにスポッと嵌まるようにしています。

次回は、エンジン噴射口の電飾と、砲台周りの電飾の予定です。

バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その1

2017.01.10(Tue)

新年初記事です。

ビークルモデルで、中学校以来ん十年ぶりにプラモデルに戻ってきた出戻りモデラーです。
ん十年のギャップを埋めるべく、ウォームアップと最新事情を勉強するために昨年度後半から
とっかかりやすそうなX-WING、Y-WINGと手をつけてきましたが、完成しないうちから新商品が発売され、
やばいことになっています。

てことで、一旦Y-WING中断です・・・

今回から、バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコンの記事をつらつらとUPしていきます。
年末に自分へのクリスマスプレゼントで購入したクロニクルを眺めていたら、このビークルモデルは
ANH版という事で、5フィートモデルを元にしているのかな?と思ったんですが、相似している
ディティールもあれば、まったく無いディティールもあって、???な感じです。
フォースの覚醒版ファルコンの写真と比べると細部が瓜二つなんで、1/144CADデータを元に作成したんですかね??
まあ、自分はプロップと同じでなければ嫌だとかいうタイプではぜんぜんないので、プラモデルとしてどうよ?的な部分を
練習がてら色々いじってみます。

さてさて、年末年始の休みで、ちょっと作業がはかどったファルコンさん。
・だるいモールドをシャープにする
・抜けの関係で失われた部分に手を入れる
・ちょっと電飾してみる
・定番の窓抜きもしてみる
このへんをめあてに作業してみます。

窓、抜いてみました。
裏から、センター出し用の底部の溝を少し残しつつ、大まかに肉抜きしました。
s-P1100029.jpg
あまり薄くすると作業中に割れてしまいそうなので、長い部分は厚いまま残してあります。

s-P1100027.jpg
底辺を外側、頂点を内側とする三角柱の形状に削り込んで、薄さを表現します。(前の丸窓周辺は大体終わっています)

実は、この作業難しそうなので、キットのパーツを複製加工して、型を工夫してキャストで薄いものを抜こうと思って色々やっていました。
キャスト生成の準備がだいたい出来たので、もう原型はイラネーなーと思い、練習がてら窓抜いてたら楽しくて、結局こっちを採用してしまいました((;´Д`))

コクピット部分です。0.3mmプラ板の切り貼りです。
s-P1100015.jpg
前席は、パイロットとシートを一緒にしちゃう予定なので、取り付けていません。
シートのスケールが、少し小さかったようです。スカスカです。

s-P1100019.jpg
裏に1608を入れて光らせてみました。チョット発光点が後ろ過ぎたようです。

このあと、このコクピットがテーブルから行方不明になりました・・・
捜索の結果、靴の裏からシートがフルリクライニング状態になって発見されました。orz...作り直しです。

s-P1100003.jpg
隔壁とドアをつけてみました。どうせ良く見えないだろうから、適当にこのへんでこんな感じだろーと。

s-P1100004.jpg
隔壁には横バーの照明があるので、1006LEDをそれらしい場所に貼り付けました。
s-P1100005.jpg

時間がなくなったので、次回に続きます。





プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑