ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスド その24 続ベイダータイの砲

2017.06.24(Sat)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスド その24

砲塔、両方加工が終わりまして、1006LEDの緑を仕込んでみましたよ。
s-P6240167.jpg


何とかボタン電池に接続・・・
s-P6240158.jpg
ちょっと接触不良でほのかに点灯。

接続完了!
s-P6240160.jpg
s-P6240161.jpg

s-P6240163.jpg
で、どーするってねこの線。

本体削ってCCR左右2個づつは格納できる。あと2個・・・
でも、配線の取り回しとか考えると、素直に外に放り出したほうがよさげ。
しかし、初期に作業していた部分は線ケチりすぎて、長さが全然足りないwwww

Category: ビークルモデル TIE&ADV

19:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスド その23 ベイダータイの砲

2017.06.21(Wed)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスド その23

通し番号間違いとカテゴリ分類間違い訂正しました。

卿の(今日の)タイアドバンストです。


レーザー砲(ビーム砲?)加工しました。

プロップの形状に近づけるために、真鍮パイプを0.6mm 0.8mm 1.0mmそれぞれ準備します。

0.6mmを軸線にして、次に0.8mmを被せ、根元の段差と先端を表現。
先端やや丸めています。
1.0mmは、一回り大きい殻の表現に。
4つ割り形状は、いつもの糸鋸でゴリゴリやって溝作りました。
あとは、ドリルやスーパーストーンミニを使って、薄肉化してスケール感損なわないように加工しています。

スーパーストーンミニ

mini_02.jpg



向かって右が加工済です。
s-P6210100.jpg
s-P6210099.jpg

すべてパイプでの加工です。
・・・ってことはですよダンナ。

電飾できるじゃありませんか。緑色に。

そう思って、0.4mmの穴をカリカリカリカリ掘り続けましたよ。
結果、アウトな感じ。
砲塔の位置がかなり下につくため、穴を通すと、
底蓋の接着面とほぼツラまできてしまうのです。
裏側を加工すれば、1006LED1枚なら入りそうな気もしますが、
ちょっと検討します。

ここがパパッとフラッシュすると、カッコええよね。
頑張るかな。

問題は、既にLEDが8個組み込まれているため、
あと2つ追加すると、配線の取出しがやばげ。

チップLED10個に、CCRが6個、全部内蔵しちゃえばいいのか。


ふと、こんな小キットに、何やってるんだ俺って気分に、なる。

Category: ビークルモデル TIE&ADV

12:58 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

バンダイ 1/72 Millennium Falcon その0

2017.06.20(Tue)

バンダイ 1/72 Millennium Falcon その0(ゼロ)です。

予約、しました。しかも1個じゃなく(汗)
みんなは予約したのかなぁ。。。
non40lifeさんは予約したのを確認済みw


製作記、できれば、やりたい。
でも、作業部屋が無い現状、自宅に持ち帰っての作業が困難なこやつは、
会社での朝20分、夕方30分の作業時間だけでは、いつものペースだと
まったく完成しない虞が。
ビークルのファルコンでアレだけ時間かかったのにw

プロップって、実際に細部を見てみるといい加減な部分がたくさんあって、
だからファルコンも32inchより5foot版のほうが細部の作りこみが
細かいので好きなんだけど、それでも気になるところはある筈で。

はまりすぎて、嫌いになってしまう可能性があるんだな・・・

Category: 1/72 Millennium Falcon

17:24 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

妖怪ウォッチ コマさん その1

2017.06.19(Mon)

妖怪ウォッチ コマさん

新たにキット購入!!

ずっと前から作りたかった、コマさんです。
とりあえず開封しておわりっと。

s-P6190097a.jpg

s-P6190092.jpg
こんなに扁平な顔なのかっ!
口周りのパーツ割りが斬新。

s-P6190093.jpg

s-P6190094.jpg
風呂敷もプラですか。そりゃそうだよね。

s-P6190095.jpg
s-P6190096.jpg

こいつを、Arduinoの勉強がてら、電飾します。

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その22 久しぶりにベイダータイ

2017.06.17(Sat)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その21

あまりに色々詰め込みすぎて、ちょっと放置していたタイアドバンスト。

やっとこさ再開しました。

といっても、コクピットにベイダー座らせて、
コクピットを本体に組み込んだだけー。

コレだけで足掛け3日かかっているんですが。
プラペーパーヒートプレスの帽子も、なかなか満足いくのができなくて、
妥協して終わりにしました。

s-P6170085.jpg

手前に写っている爪楊枝の先がへるめっぽ。
遠近法が効いていて、やたらでかく見えますw

Category: ビークルモデル TIE&ADV

19:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その13 バラバラ○○事件

2017.06.14(Wed)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その13

いきなりですが、ガンプラパダワンTのツヨさんの許可をいただき、
脚のポーズ替えをパクリました。
あの、めっちゃ走っているAT-STに感動して、
自分もめっちゃ走らせたい!衝動を止めることができずw

s-P6140079.jpg
糸鋸でバラバラです。

s-P6140078.jpg
丸く切れます。
8/0糸ノコすげー。

s-P6140075.jpg
左が今回の分。
とりあえず重ねパネル表現はします。
が、あまり追い込んでいません。

s-P6140077.jpg
右はオレ仕様で修正済み。
合わせ目は消えていないように見えますが、
ゼリー瞬間で処理済です。
左がキットのまま組んだものです。
が、穴の中は、キットのアレな感じが、プロップに意外と忠実だったりしますw

そして今回、事件?発覚。
側頭部の、スプレーランチャー。1号機の写真から。
s-P5170002.jpg
ランナーから切り離すのを忘れて、捨てましたww
うまれて初めてのパーツ請求か。
パーツ請求って、電話しなきゃいけないの?めんどくせー。

自作するかな。。。

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その12 内臓内蔵完了

2017.06.12(Mon)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その12

電池、やっとこさ収まりました。
色々ぎりぎりまで削ってます。
シリコンチューブ電池ケースのアイディアを捨てれば、
楽勝で収まるんですけど、意地ですw
s-P6120067.jpg


もう一機、AT-ST始めました。
s-P6120057.jpg

2号機の外板薄板の表現、前と変えました。
写真ではピンボケでわかりにくいですが、天板パーツを
薄く削り、本体との間に0.3mmプラ板で別の天井を挟んでいます。
電飾とハッチ開口は、もうやらないw

1号機の手すりも、とりあえず完成。
s-P6120066.jpg
パイロットも復活です。すっごい変な格好。
ハッチは手すりと干渉したため、一旦外しました。

s-P6120063.jpg
手すりパーツの本体への固定は、0.2mm真鍮線を曲げ、
それを潰して牽引フック状のステーパーツを作り、
フックの中に手すりを通してからフックを閉じて、
その後ステーを本体に固定しました。
写真に撮ると、フックの閉じが甘くて、手すりが
落ちそうになっています・・・
接着剤でディティールが埋まってしまうため、
フックと手すりは固定していません。

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その21 ディスプレイを試行錯誤する

2017.06.10(Sat)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その20

簡単なディスプレイ方法を考えてみました。


背景を作りこむと、どうしても躍動感が無いですよね。
なので、まずデススターの表面の画像を適当に検索して、
フォトショップで移動ぼかしをかけて、暗くして、
deathstar_surface.jpg
こんなの作りました。

コレをカラーレーザー印刷して、背景にします。

とりあえず、展示ベースはダイソーのコレですが、小さい。
s-P6100030.jpg

s-P6100031.jpg

s-P6100033.jpg

載せてみた
s-P6100038.jpg

たくさん載せてみた
s-P6100036.jpg

この展示方法だと、横目しかまともに見ることが出来ない。
s-P6100040.jpg
コクピット、みえね。

照明が難しい。
ベースとの固定方法も少し考えたほうがよさげー。
安直にピアノ線使いたくないんだけどなー。
あ。構造物らしいものを立ち上げて、そこにくっつければいいのか。

ただ置いただけが一番しっくりきたりして。
s-P6100041.jpg

Category: ビークルモデル TIE&ADV

12:17 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その11 狭いコクピット

2017.06.09(Fri)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その11

前回の続き。

あの小さなボタン電池の電池ケースは、探しても売っていませんでした。
その辺を見回して、

s-P6080020.jpg
水槽のエア配管などに使うシリコンホース 内径6mmだったかな。
小さくぶった切り。

s-P6080025.jpg
s-P6080026.jpg
導電性粘着剤付き銅テープで、線を電池に直結して、
シリコンホースに突っ込みました。

電池の間にプラ板を突っ込み、スイッチ代わりに。
s-P6080027.jpg
s-P6080028.jpg
いいんじゃなーい?


よくありませんでした(爆)
s-P6090029.jpg
パイロットのスペースどころか、内臓を内蔵するスペースもありません。

あーうー・・・


ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その10 AT-ST電飾

2017.06.08(Thu)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その10

AT-ST電飾しました。

ってどこを!!


ここです。
s-P6080022.jpg
AT-ATも窓光っているじゃないですか。赤く。

だったらAT-STも光るでしょう。
中の光が漏れるでしょう。
寒くて両目のフタ開けてなんか移動できないだろうし。

s-P6080023.jpg
電池は内蔵します。
手に入る電池のサイズでは最小だと思うんですが、
腕時計なんかに使う酸化銀電池 SR416SWです。
もう少し大きいサイズでも頭部内に収容できるとは思います。

s-P6080024.jpg
いつものpicoLED 1006の赤を使いました。

接着固定はいつもの布用クリアボンドで固定していますが、
一晩放置しているうちに、センターからずれていないすかコレ???
また修正リカバリーかよ・・・

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑