5/31 結果記録

2006.05.31(Wed)

前場

時間的余裕がないときは取引しない、というルールを実現するために、しばらくはメモを取りながら取引。メモが出来ないときは取引しない。故に長文失礼。

9:30デスクに戻った。方向性が出てきた頃か。しかし隣に人が座っている。
裏画面でチョコチョコやってみる。メモ取る余裕はなかった。流れは下げのよう。
一旦戻るのを確認して売り。人の目が気になって、大きく指して放置しておく事に。
相場覗いてみる。一旦押してから急戻り。慌ててロスカット。-2.9万 大きい。
最小指し幅では取れていた金額。
---余裕がないときは取引しない、このルールを破った。---
今日は、この2.9をコツコツ取り戻してみよう。

月末。社内に人が多い。売り場はあるが、動きを張り付いていられない。指値取り消す。

どうも売りに慣れていない。上がったところで売るのが怖い。
逆に買いのポジションで売ってしまう。なにやってんだ!さっきのロスカット、元々の指値以下に落ちてきた。
持合相場か・・・ 持合と見てしばらくホールドするが、ロスカット-2.3万

やはり持合。また指値以下に下がってきた・・・とにかく、ロスカット早めに。



持合解消間近。買い売り。最小ロット +3千円

値動きを見ていると、相場の向こう側にいる相手の心理がなんとなく分かってくる気がする。
売り手は買い手より上手い気がする。
と言うことは、自分はまだまだだから、買い一方で動いた方が良いのか。

持合解消間近。ランチギャップがどちらに跳ねるか。

売りで入るのがすごく難しい。待てない。しかも初動が遅い。午後頑張ろう。

午前実現損益 -5.2万円 取り戻すのは難しい。


午後
1時に戻ったら急落していた。300台に戻して揉んでいる。
300ちょうどの売りで様子を見る。

ロスカットできない理由のひとつに、オリエント貿易のOCOの制限値幅が大きすぎることがある。
今までは確実なエントリで小幅確実に取る作戦だが、幅が小さすぎてOCOが機能しないため、手動でロスカットしていた。
しかし心理的物理的にロスカットが迅速に出来ない以上、OCOを使うしかない。

利を大きく伸ばし、損失は迅速に切る。どこまで利を伸ばすかのルールは、当面試行錯誤して決める。
つまり、OCOで大きく指して、STは当初の設定通りに置いておく。
損切りの機会は増えるが、今までは勝率は良くてもロスカットが大きいため、トータルで赤かった。
これを、勝率を落としてトータルで黒くする方針に変更しよう。

OCOの制限値幅が小さければ、勝率、トータルともに良くなると思うんだけれど、
どこの証券会社も制限値幅は大きいのかな。

300売-294指値-298.8ST設定。 296.5まで届いて戻りSTで買戻し。+1.1万円
だらだらと持ちすぎ。

300まで戻る。売り発注待ち。ドテンはまだできそうにない。
301からの戻りで売ってみる。STに引っかかってロスカット。-1.4万 STの設定が大きすぎる。

誤発注。買いのつもりで売ってしまった。即仕切り。買値撤退でセーフ。
踏み上げ相場に乗り遅れた・・・

方向性が見えない。放置。

戻りくさい。押しを待つ。

押さない。止まった所で買ってみる。大失敗。やはり押すまで待つべきだった。
急落。一時的な押しとし、ホールド。

ジリジリ戻る。戻りきらずに持合になるか?離席。

戻ったら垂直落下。特別気配。成り仕切り。

2勝5敗 本日トータル損益 -8.5万円

301.5で一旦買いを出すが、負けが込んでいる時はやめようと取消。
最後に急上昇。本日売り方の踏み上げでしょうか。買っていれば+5万円でした。



今日は慣れない売りをしてみたが、散々だった。しばらく買いのみにしよう。
今週の目標。ゴム3枚買いができるまで資金回復。
売買が多すぎるので、半分程度に減らす。

しっかり見極めて入る。入り損ねたときは離席。
STは大きく取らない。引っかかったら諦める。
利が乗ったら大きく待つ。トレンドが変わったと思ったら、即手仕舞う。

月次目標 -91%
年間目標 2.9%(スタート時4%)


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑