22日のトレード

2007.10.22(Mon)

前場

あいかわらず金でポカ 2815売って2817仕切 -2
今の金は取引の時間軸(≒値幅)をもう少し長く取らないと失敗する。
そこに、短期的に乱高下する為替が絡むから、非常に難しい。

ゴム
半分裁量 為替の動きを見て277.5買
為替円安傾向が小休止、金スポットの落下を見て、ここまでかと朝の損失分を埋める280.1にて仕切り +6でトントンに
そこからポカンと伸びて、278.5あたりで揉み。

なんとも重たそうな雰囲気。

結局、その後の売りは指値が入らず眺めていただけ。

10:38
板の様子がおかしい 266.5の3桁の買い板がどんどん食われていて、そのすぐ上はスカスカ。
266.6に売り指値約定 そして底抜け急落。
為替は円安傾向のボックス、スポット落ちもひと段落、そこでこの急落は息が短いはず。
伸びきったところで10:41 275.8仕切り。 +8

絶好の買いポイントですが、この地合でドテン買いはできません・・・根性なし

金、思惑通り下げていました。
逆張りだともう少しロスカット幅を広く見ないと取れません。幅がタイトすぎ。
トレンドに乗るにしても、動き出すとボリュームがでかい割に値幅が無いので
エントリポイントが難しい。


後場

ノーサインノーエントリ
14時台後半に2回スキャルで+3取っただけ。

金は連敗続き。ゴムは連勝続き。
ずーっと昔は逆だったんだけど。

なんでだろ?
多分、動きが鈍いんで、多少引かされても我慢してほったらかして、そのうち利が乗って手仕舞いできていたトレードが多かったからかな。
昔のゴムは、動きが大きくて損切りにばっかり引っかかってたっけ。
ほとんど板見てるだけの裁量トレードだったしな。




COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑