バイカモ

2014.11.26(Wed)

ここいわき市近郊にも、バイカモが自生している川があります。

冷たい清流でないと育たないといわれ、水槽で維持するのは難しいといわれるバイカモですが、
ずいぶん昔、しょぼい我が家の水槽で普通に増えていたときがありました。

そのときの写真。

s-P1030317.jpg

s-P1030316.jpg

かなり成長が早く、どんどん新芽が伸びてきます。


少ない経験からざっくり言うと、バイカモは、

・そんなに底床の栄養は必要としなかった(立ち上げて半年もしない底床ろ過の大磯水槽で、肥料無添加管理)
・高光量(もしくは特定のスペクトル?)が必要。当時は太陽光を直に当てていた。
・低温でなくとも育つ
・草体に藻類が付着するとダメ


草体がやわらかくておいしいので、ヤマトヌマエビは食害を受けます。
当時はヌカエビを大量に放り込んで、藻類の対処をしていました。

あまりにも繁盛しすぎてえらいことになったので、有茎草のように差し戻しをしようとばっさりカットして、途中発根部分から植え直したのですが、全滅しましたw

掃除役のヌカエビが、同居のオイカワが育ってきてほとんど食べられてしまっていたので、そのせいもあったかもしれません。

立ち上げを構想している、流れる水槽に導入しようかな・・・


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑