ジャーマンラム夫婦、復活の産卵劇

2014.10.04(Sat)

まずこちら。
s-PA020048.jpg

狭い隔離水槽での発見が遅れたため、大張り切りのパパラムにずたぼろぼろんにされ、尾びれの大半を失い
ナナメに浮いた瀕死の状態で救出されたママラムさんですが、ここまで復活しました。
尾びれの、黄色くてしっかりしているところは元々残っていたところ。
色が薄いのは、再生した部分です。

そんな、頑張りやのママラム、本日ふたたび120水槽内で産卵いたしました。
今回は、狙い通りの場所に産卵。

早速パパラムが、あらぶる父と豹変して、近づくありとあらゆるものにケンカを吹っかけていました。
メスも近くで卵の防衛に参加しようとするのですが、まったくダメ。
隔離水槽に入れる前は、こんなことにはならず、ペアで仲良く守っていたのに。

あまりにもパパが荒ぶっているので、卵は全て回収。ま、これは予定通りです。

s-PA020045.jpg

ちょっと分かりづらいですが、素焼きの植木鉢を割ったものを産卵床として底床に埋めておきました。
そして、狙い通りにそこに産みつけてもらった卵を、鉢のカケラごと取り出します。

そして、温度合わせをした水道水を入れたペットボトルに投入。
卵がついている鉢カケラの下横から軽くエアレをして、ゆるやかに水流をおこしています。

s-PA030051.jpg


つづく。


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑