今日のピグミーグラミー稚魚 その7 ピグミーグラミー小学校

2014.10.05(Sun)

先日、低温傾向が続いたので、タヌキモ鉢を撤収し、ピグミーグラミー稚魚を棚田上段に集約しました。
そして、張り切りパパと引きこもりママには本水槽にご帰還願い、チビオンリー水槽としました。
ついでに、娘が夏休み自由研究で育てていたヤマトヌマエビ稚エビも、ペットボトルから少しだけ合流。


この引越しの少し前、親ペアは更に産卵を行い、水面にチビおたまぶら下がりを確認。

つうことで、この棚田水槽には、現在、産卵4回分の仔魚たちが暮らしています。
ピグミーグラミー小学校ですな。全部親同じだけどw

s-P9300030.jpg

この写真には、1年生から3年生までが写っています。
4年生は1匹だけ。かなり大きくなりました。

大きさの差がかなりあるのですが、上級生に下級生が食べられるような惨状は
今のところ確認できていません。

まったく動かずに中性浮力を取っているので、食欲中枢への刺激が来ないのでしょうかね。

実は、別種の仔魚(生まれたてで、プルプル動く)が同居できないか試しに数匹落としてみたのですが、離れていてもちゃんと察知され、2~3年生がスーッと寄ってきて、
口ギリギリのサイズだったんですが、何度かモゴモゴして、結局全部食べてしまいました。


・・・後半だけ読むと、ちょっと違う文章になってますね・・・


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑