今日のピグミーグラミー稚魚 その5

2014.09.13(Sat)

タヌキモ鉢に投入したほうのチビピグミーのようす。

s-P9130024.jpg

おとといからブライン投入中です。

今日入れた分は、昨日の分の残りブライン。取り残しを水槽外で一晩エアレして保管していたやつ。
だから、ここに写っているノープリ幼生は、孵化したてのベビーブラインといわれるものではないです。

でも、食べています。

親と同じようにしっかりと餌に狙いを定め、定めすぎて射程距離外に離脱するノープリウス幼生。

懲りずに、次に降ってくる幼生を、くにゃ~っと体をねじって補足、じっと眺めつつ、体を伸展させて、そして捕食!

イライラする食べ方ですw

生来のハンターなのか、それとも慎重で超疑り深い性格なだけなのか。



親を収容している棚田上段は、何度か産卵行動が見られましたが、現在はオスらしき固体が上層を監視し、
メスらしい固体が低層のモスの茂みに隠れている状態。

s-P9130026.jpg

マツモしか写っていないwwww

この水槽で孵化しても餌が薄いから育たないよなぁ、と思い、撤収してグローライトでも入れるか、と
マツモをバンバン引き上げていたら、

なんと!

タヌキモ鉢にいる仔魚より大きな仔魚が、ピョ!と飛び出してきました。


後で生まれたくせに、ナンデこんなに育っているの!?
本水槽からマツモを移動するときに、一緒についてきたのか??いやそれはないだろ。
餌だって、親用にクレストカラシンを適当にパラパラしていただけだし。

この棚田水槽への給水は本水槽のオーバーフローカバー内からとっている為、意外と
初期飼料になる微生物が多かったのかもしれないです。
ベアタンクだと、底にミズミミズの巣がどんどん出来てくるし。。。

しかたがないので、リセットはせずにもう少し様子を見ることにします。


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑