タヌキモ鉢からミナミメダカの仔魚が減った理由は

2014.08.03(Sun)

鉢の中身は全部近くで採集してきたもの。

s-P7240001.jpg

稚エビの餌用に珪藻や緑藻はそのままにしているので、ちょっと見苦しい。

水草はタヌキモにマツモ、生体はヌカエビと、その稚エビと、ミナミメダカの卵と仔魚、その他タニシの幼生とモノアラガイの幼生らしきもの。

最近、チビメダカやチビエビが妙に少ない気がするなぁ・・・と思って、よーく観察してみたらば!

犯人発見

じゃない、犯ヤゴ発見

s-P7200005.jpg

いつのまにか、紛れ込んでいたトンボの卵から孵化して育っていたみたい。

メダカの仔魚は、1匹を残すのみとなってしまいました。



うーんどうしようか・・・数秒考えた後に、60水槽にお引越し願いました。
ウグイやヌマムツの稚魚も混泳しているので、ヤゴの餌には困らないはず。
目のいいモツゴやボラの攻撃をかいくぐり生き延びられれば、の話だけれど。


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑