水槽を双眼鏡で鑑賞する!(昆虫観察や爬虫類にもOK)

2014.06.13(Fri)

水族館で双眼鏡、じゃないです。

おうちの水槽を双眼鏡で鑑賞、観察します。



ペンタックス 双眼鏡 Papilio 6.5×21


もうずいぶん前に出た機種なので知っている方も多いと思いますが、この双眼鏡、当然遠くのものが大きく見えますが、それだけじゃないオンリーワンの特徴。
近くのものがデカく見える。最短ピント距離50cm!

普通は、まぁ、野外で昆虫や花の観察あたりがよくあるパターンですか。

しかし!オススメは水槽観察!!


低床に潜むミジンコや線虫、ヤマトにかじられて穴の開いた水草、こんな所に生えていた黒髭苔など、虫眼鏡で見ているかのように拡大されて見えてしまいます。しかも若干立体的に。


照明でキラキラ青く輝くグリーンネオン、、朝日に透けてプリズムのように光るグラスキャット、
ピコピコ泳ぐベビーブライン(食われずにどこに居た?)、水草から立ち昇る細かい気泡、

本当に大きく見えて楽しいです。


傍から見ると、ちょっと変な人に見えますが。


もちろん水槽だけじゃなくて、昆虫や爬虫類を飼育している方も、一度使ってみてほしい。ルーペとは一味違う「離れて見える立体視ルーペ」
顕微鏡や望遠鏡に一度は憧れた人なら、オススメ!


でも憧れたことのない人は・・・意外と「ふーん」て感じかもw


次回は、こんな感じに使ってますレポートなどあげてみる予定。


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑