ヤマトヌマエビこども 一夜にして全員消滅! その1

2014.06.22(Sun)

先日、最後に生まれたマクロフタルマスの赤ちゃんを保育していた
マトリョーシカ水槽の下段プラケをリセットしました。
マクロチビさんたちの成長著しく、飛び出し事故が続いたためです。

チビさんたちを上段の30cmに移動し、空いたプラケには、ヤマトヌマエビ ひなたチーム
のペットボトルを、ざばあっと注いでお引越し。

さっそく元気にグルグル高速巡航。いつも水換えのときによく見る光景。


ちなみにザリガニは、逃げるときに尻尾を大きく使って高速移動しますが、あの移動は
チーターのようにすぐ息切れしてしまい、すぐにのそのそグッタリになってしまいます。

しかし、ヤマトチビたちはグッタリする気配なし!超高性能の腹脚。


ぐるぐるぐるぐる。

ぐるぐるぐるぐる。


・・・・凄い運動量。
見てるこっちが心配になるほど泳ぎっぱなしです・・・

ずっとグルグルを見ていてもキリが無いので、この日はエビさんと戯れるのはここまで。



翌日。


さーて、グルグルしすぎて疲れていないかなーとプラケを確認すると、


!?


チビエビが一匹もいない!


グルグルしすぎてチンダ!?
せっかくここまで育てたのにー!!!


一瞬頭はホワイトアウト。
しかし、冷静になってプラケ内を観察。




つづきはその2へ



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑