白点病には殺菌灯、だったのだろうか

2014.05.30(Fri)

以前、地元のショップで、「コバルトブルーラム」を購入した。
まだ幼魚サイズで、メスがほしくて、なるべくそれっぽい体型のを
店長と目利きしながら購入したラムだった。
でも後日、立派なオスに成長して、今では若手No.1の次期ボス候補だよ。


で。そのチビラム。

買ったときに、ヒレに何か半透明な点模様が付いているなぁ・・・と、少しは
気になったものの、忙しいこともあり、適当に水合わせして、ドボンと本水槽に合流。



そして、しばらく経ったある日のこと。



120水槽内の、ウォウォラエとラムの体表に、白くて細かい点々がぽちぽちポチポチ。。。

そうです。白点病・・・


2週間ほど、ヒーターの温度設定を少しづつ上げて、投薬などはせずに様子を見たが、
ほかの魚種に蔓延する様子もなく、
また、症状も段々と収まってきている様子だが、なかなか根絶には至らない。
特にウォウォラエは白点に弱いようで、なかなか症状が収まらない。

ショップでも、そのあと白点があちこちの水槽に蔓延しており、そしてショップに居たウォウォラエは全滅していた。


水槽全体に投薬したり、隔離して治療するのは、できればしたくない。

この環境のまま、徐々に収束を待ってもいいけれど、前から試したいものがあった。
殺菌灯!ちょうどいい機会ということで、導入決定。


カミハタの殺菌灯はモノは間違いない感じだが、自分には少々でかくて高い。
外部設置なのも、ちと面倒。

狙っていたのは、
アズー UV ステライザー



じつは以前、水槽内に「湧き水システム」を作りたくて、最小サイズのパワーヘッドを使い、
底面ろ過の下にパイプを仕込んで色々やっていた残骸があった。

ただ、パワーヘッドの出力に対する噴出孔のレイアウトの設計が悪く、不ぞろいで粒の大きい川砂では、
きれいに湧水を表現できなくて、お蔵入りになっていたシステム。

ここに、パワーヘッドの代わりにステライザーを接続して、水を殺菌しつつ、湧水らしきものを作ろう。


接続は簡単にできた。
オーバーフローカバー内にも、ステライザーは何とか収まった。
そして湧水表現は、やっぱり失敗した。川砂ではダメ。

今回は、湧水は余禄だったので、湧水表現失敗はそのままスルーする。


肝心の白点病に対してだが、その後徐々に白点が減っていき、発症は根絶したので
効果はあったのだろうと思う。ショップでは全滅したんだし。


そして、白点対策のほかに、もうひとつ期待していた効能があった。
それは、水槽内側に発生する、細かい起毛状の緑藻。
そんなに目立ちはしないのだが、毎日少しづつ成長して、10日も経つとけっこう気になる存在になる。

こいつを少しでも軽減させられればと思ったのだが、結果は、「軽減したかもしれない」レベルだった。
根絶には至らなかった。

今は、掃除サイクルが2~3週間になっているので、効果はあるのかもしれない。
しかし発生メカニズム的にも、糸状に発生する藻類に対しては、根絶は無理そうだ。

ただ、自分でアオコ対策に使ったことは無いが、浮遊する藻類に対しては、
劇的な効果がある模様。



一応、公称では寿命が8000Hあるので、ランニングコストはさほどでもないのかな?
まだ設置してから半年程度なので、この辺はなんともいえません。
今現在の一番の用途は、湧水用パワーヘッドとしての役割です。
で、ついでに少しは殺菌して、少しでも湧水らしい水を出していただこうと。
湧き出し口で、エビやコリドラスがワサワサしているのを見ると、ちょっと楽しいです。


総合的には、殺菌灯は万人にオススメする商品ではない感じ。
UVステライザーも、殺菌灯としては安くても、それなりの金額ですし。

ただ、アオコ対策や白点対策で、スポット的に使用するのは効果有りです。

懐の広い水槽の環境づくりをしっかりした上で、脇役的に使用する方法がいいんでしょうね。


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑