120メイン水槽の紹介その3

2014.04.17(Thu)

その2の続き その3です。

OFパイプ→濾過用の水槽とはせずに、OFパイプの底部分を丸いアクリル板で
蓋しちゃいました。
別に塩ビ版でもいいとは思うんですが、なぜかアクリルでしたw

その丸い蓋には、あらかじめ3つの穴を開けてあります。

(1) 底面敷設パイプ給水用
(2) 外部フィルター取水用
(3) ドレーン用

そして、それぞれの穴に、適当な長さに調節した塩ビパイプをグリグリとねじ込んで、
補強の意味もこめて、塩ビナットもねじ込んで接着。
更に、OF管上部から、長いチューブを介してOF管底にコーキング用のシリコンを
圧入しました。

(2)の管には、濾過用の水槽の代わりにエーハイムの外部フィルターを接続。
そこから中古で買ったTECOのクーラーに入り、それから
(1)に給水して、水槽の水を循環させています。
そして、エーハイムからクーラーへの間を分岐して、ホースにタップとジョイントを付けています。
このホースは、浄水器へと繋がります。


このシステムのコンセプトは、とにかく水換えを楽に!

水換えの方法
ドレーンをオープンして排水。と同時に浄水器給水をオープンして給水。

これだけ。
(実際には、給排水ホースの接続やら取り回しやら水流の調整などありますが)

超楽。

普段は、これらのシステムは調剤カウンターの下に隠してあります。


その4につづく


COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑