本日から、ブログ模様替え バンダイ1/144 X-WING その1

2016.10.27(Thu)

今日のすいそうメモ改めプラモメモ

えー、今まで水ものブログを続けておりましたが、ニオイガメ軍団の余りのやんちゃぶりに
水草等レイアウトを維持すること叶わず、かといって水槽を増やすことも出来ず、
カメ主体の混泳レイアウトとなっており、あまりに大雑把な管理となっているため
ブログ更新が途絶えておりました。

言い訳終了


で、心機一転。
また水物ブログをやりたくなるまでの間、プラモデルブログに衣替えしますw


現在、出戻りモデラーの習作として、バンダイ1/144 X-WING製作中。
こいつを、延々と納得がいくまで何機も作り続けつつ、他のキットにも浮気をするというのが当面のコンセプトです。


このキットは、既にアチコチで作例が発表されていますが、素組でも充分鑑賞に堪えられる名作です。
だがしかし、サイズとコスト的な制約から、省かれている部分がいくつかあります。
細かいところまでこだわっていくと「完成しない病」が発症してしまうのですが、幸いこのキットは小さい。
いくらこだわっても、なんとかなるだろーと。

でで、既に色々と製作は進行しているので、途中からの中途半端なブログですみません。

本日は、現在進行中の部分から。

レーザー砲の加工
ゆくゆくはレーザー先端を光らせたいので、金属パイプで砲身を置き換えてみます。
最先端の内径は0.2mm。そんな細いファイバーは売っていませんし(とあるルートではあるんですが)、
あっても光点が小さすぎて迫力に欠けます。
光らせるのは次回に先送りするとして、まずはパイプ組で構成してみました。

s-PA270008.jpg
一応、先端から後端まで開口しています。先端部分は、0.6mm径のアルミパイプを削ってテーパーを表現してみましたが、わかりづら。

s-PA270007.jpg
半円状のパーツは、一応薄くしているのですが、写真で見るとまだボッテリしてるるる。
ちょうどいい厚さのパイプがあれば、半分に割ってピッタンコなんですが、手持ちにそんなパイプが、ない。
ので、もう少し薄く削りこむとします。

s-PA270009.jpg
金型の分割位置のモールドが省かれているので、彫ってみました。

s-PA270010.jpg
こちらも彫り彫り。写真がヘタクソで、どこを彫ったのかさっぱりワカラン。


レーザー砲ネタはしばらく続きます。



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑