バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その12

2017.03.13(Mon)

この週末は、晴天と低温に恵まれて、今シーズン最後に最高のスキー日和になりました。
なのに、ちょっと燃え尽き症候群?全然スキーに行きたくねーメンドクセー。
クラブの連中は、志賀高原まで出撃したそうです。元気だね。

てことで、週末の休みに久しぶりに部活の送迎やら、買い物の付き合いなどをしつつ、
あいた時間はどっぷり家に篭ってファルコンの仕上げしていました。

ちまちまちまちまと、くっつけて、色をのせて、汚して、、、、
めっちゃ楽しい!!
一日中篭っていられるぜ!


てなわけで、一気にほぼ完成まで持ってこれたんですが、ブログが追いつかない。
今週はガンガン更新しますぜ。

まずは、前回予告のパラボラアンテナネタの前に、下書きのまま忘れていた記事を加筆修正してUPします。

バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その12
電飾の続きです。

前照灯を4灯セットしてみました。くちばし先と、くちばし中です。
s-P3110006.jpg
0.25では小さく感じたので、オーバースケールかもしれませんが0.5mmファイバーです。
最終的に万が一オーバースケールの場合は、光点を縮小する処理します。
こいつらは、内径3.2mmの真鍮パイプがあったので、それに3mmLEDを突っ込んで発光させました。

下回りの赤い光点もやってみようかと思ったのですが、どうやら着陸時だけ光る照明?のようなので、やめました。


s-P3110007.jpg

上面は、砲台とコクピット周りの電飾配線があるので、いったんそれを上面でまとめて2本にして、
ソケットをつけて下面と分離可能にしています。

チラホラ見える銅板状のものは、寺岡製作所の導電性銅箔粘着テープです。
スラスターの発光に無機ELテープを使いましたが、それと電源線の接続のために導入しました。
ほかにも、今回のように電源分配のターミナルとして使えたり、本業では、シールド線の補修に使ったりしてます。
けっこう色々使えて便利です。

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑