バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その11

2017.03.06(Mon)

バンダイ ビークルモデル ミレニアムファルコン その11

スキー準指導員検定、無事合格しました(^^v
もうね、自分に残された時間と体力考えると、今逃したらいつやるの!?今でしょ!てな感じで、
急に思い立って昨年1級取得、そしてスキークラブ登録からの準指検定、次はテクニカルプライズ受験です。
準指検定の合格発表の場で、技術員の総括をいただき、「指導員検定は教えるための技術であり、見せるための技術です。○○さんは全般的に速すぎます!個人の技術を求める方はプライズテストなり、年代別技術選でやってください」
とのお叱りというかアドバイス・・・
全くごもっともです。

4ヶ月にわたって養成講習~検定と続く指導員検定と違い、残るプライズテストは当日完結でお気楽モードです。

これで少し模型製作に時間がさけるようになりました。


で、塗り分けしました。
しばらく文字が続きます。読みづらくて失礼。

マスキング方法、材料だけでなく、手順も色々実験しました。
上面は、薄グレー濃グレー赤の分を全てマスキングし、色が変わるたびに部分部分のみ細かくマスクしなおす作戦。
下面は、色ごとに全てマスクをはずし、新たにマスキングしなおす方法。

まずは一番薄いグレーから吹きました。
前回の塗り分けチャートだと、2番です。ついでにほとんど変わらない3番もまとめて吹いちゃいました。
あとでフィルタリングか何かで差別化します。
使用色は、ベースカラーのクレオスC311(FS36622)に、C338(FS36495)を3:1位で混ぜたものです。
なんでC338かっていうと、薄いグレーで他に適当なのがなかったからw

次に濃い目のグレー、チャートでは4番と5番です。
C311に、C306(FS36270)を3:2位で混ぜたので、4と5の違いは吹き付け回数で変えました。
5を1回多めに吹いてます。

最後に赤。
C327(FS11136)に、C311を適当に混ぜて明るくしました。
補色を加えて彩度を落とそうと思っていたんですが、隙間時間にあわててやっていた作業でして、
すっかり忘れてました。

s-P3060001.jpg
s-P3060002.jpg

仕上がり。
やっぱり赤がきつすぎますね。あざやかーー。。。
そして、グレーのトーン差別化がおとなしすぎて、わかりずらーい。
ダークサイドな心で趣味を楽しむのnon40lifeさんが、けっこうグレーが濃くなってしまった!と言っていたので、控えめーな色にして控えめーに吹いたら控えめすぎw

上面の継ぎ足しマスキング方法は、やはりごちゃごちゃになってしまい、マスクし忘れがいくつか出てしまいました。
グレー吹いた上に赤吹いていたり、アチコチに赤が飛んでいたり、変なグレーパターンが出ていたり、えらいことになってます。やばし。
楊枝の先を尖らせてガリガリ削ったり、タガネで削いだりしましたが、結局1500番ペーパーで落とします。

s-P3060005.jpg
A字型のサスペンションアームみたいなパーツは、あとで真鍮か何かで置き換えるのでいいとして。
せっかくのグレーが、ピンク。マスク忘れ。

s-P3060004.jpg
マスク忘れ。こっちもめっちゃピンクグレーwww ゾル剥がれなくて、下地色まで剥がしてるし。
おわんパーツとくちばしの間に隙間が出来るように掘っているんですが、そこに入り込んだゾルがとれねーとれねー。
ゾルの使い方も、いい勉強になりました。

s-P3060003.jpg
ここは、、、下面だしいいかw 
マスク忘れピンクと、いかにもパターン塗り分けましたって見えちゃう、微妙なグレーのマスク漏れが散見されます。



このあと、ベース色を吹いて調子を整え、とも思ったのですが、ただでさえ薄いグレー、これ以上薄くしてどーすんの?
って事で、実験ベースのパチ組みのほう試そうと思っていたアクリル塗料でトーン調整と面の汚し表現をやってみます。
まだ色届いてないけど。でも赤だけはベース吹いて抑えたほうがいいかー。


そして、下面の仕切りなおしマスキング方法は、あまり漏れもなく、うまくいったと思ったのですが、けっこうでかい面積の塗り分けが
間違っている箇所がありました。
まぁ、下側見えないんで、いいかw 間違い探ししてねw

それと黄色ですが、5本足ファルコンと違い、ANH版の3本足フアァルコンは、色々な資料を見る限り「黄色」のパネルは無いように見えます。
錆的な汚れが広範囲に付いている、という感じにしたほうがそれっぽくなるかなってことで、適当に汚します。
これもアクリル塗料来てからね。

次回、パラボラアンテナに問題発生の巻です。
プラペーパーくそっ!

COMMENT

ほっぴぃ #-

おめでとうございます!

gyoさん、こんにちは!

試験合格おめでとうございます(祝)
私もあやかりたいなぁ(笑)

マスキングゾルのハナクソは隙間に入って取れないですよね〜( ;´Д`)
タイファイターで苦労して以来、ビークルモデルにマスキングゾルは禁止にしましたw

2017.03.06(Mon) 15:59 | URL | EDIT

non40life #-

Congrats!!

スキー検定合格、おめでとうございます!
すごいですね!
私は2級しか持ってなくて、1級のステップターンが出来なくて不合格になった過去を持ってますw

グレーって気づかないですけど、赤色は漏れるとすぐにわかっちゃいますよね。
私もずいぶん火消を行いました。

グレーのさじ加減、難しいですよね。
あとでウェザリングの時に色を足せば、今のgyoさんの色加減がちょうどいいかもしれませんよ。
薄める方が大変なので、薄いところからの調整の方がいいかもです。

黄色は、平面写真だと、はっきりと発色してないですよね。
黄色というか、サンドイエローかダークイエローっぽく感じたので、私はダークイエローを塗りました。で、そのあとベースグレーで退色させてます。
ただ、後から映ってる写真がep.4のであれば、はっきりと黄色なんですよね。悩みどころです。

パラボラアンテナ、どうしたんですか!?

2017.03.06(Mon) 16:25 | URL | EDIT

gyo #-

ほっぴぃさん

まだ試験結果発表になっていないんですね。受かると良いですねー。
マスキングゾルのハナクソ(笑)、懲りましたよ!
アレを取るために頑張ると色がどんどん剥がれるという悪循環。
自分も、使い方を限定しました。

2017.03.06(Mon) 17:05 | URL | EDIT

gyo #-

non40lifeさん
ステップターン!!懐かしい!「踏み蹴りのステップターン」ってやつでしたっけ。
ステップターン大好きです。自分がスキー始めた頃は、ステップターンBって言ってた気が。
今回の準指養成講習中に、たまたまバリトレでステップターンやったんですが誰も出来なくて、あまつさえ講師の技術員さえもいまいちピンと来ない滑りで、そこだけ自分が模範滑走やらされましたw

私も、スキー始めてから2年目の平成○年に2級取って、なんだこんなの簡単じゃねえ?と勘違い。
翌年その勢いで山形県は天元台スキー場なるところが東北では級別テストの名門と聞いて、よっしゃ一発合格だぜと1級を受験。
結果、コブで横向いて止まって転げて散々でした(爆)
コブ以外は合格点だったんですけどね。

それ以降、仕事の関係もありスキー検定からはずっと遠ざかっていました。

・・・スキーの話、止まんないっすww


話を戻します。
やっぱり火消ししたんですね。自分は大火事で散々です。
都度マスクしないと、塗装色のせいでどこがマスクなのかさっぱりわらなくなってしまいました。

黄色は、も1回クロニクル見て研究します。
色もあとで補修されているので、クロニクル準拠でいきます。

パラボラはですねぇ・・・次回のお楽しみです!

2017.03.06(Mon) 17:30 | URL | EDIT

ツヨ #-

スキーの指導員てすごいですね。
元来、運動音痴なのでスキーもそれほど・・・。
スノーボードは昔に結構やったんですけどね。
受かるといいですね。

マスキングゾル。
私もかなり昔に挑戦して、うまくいかずに
マスキングゾルを封印しましたw
これ、相当難しいですよね。

2017.03.06(Mon) 22:51 | URL | EDIT

gyo #-

ツヨ様

自分も運動得意なほうじゃないです>_<
体動かすのは好きなんだけど、野球とかサッカーとか集団競技になるとてんでダメでした。短距離もダメだったなー。

マスキングゾルは、使ってると粘度なんかよく考えられてるなーって思うんですけどね。
あ。
ちょっと思いついたので、今度ゾル実験してみます。

2017.03.07(Tue) 08:41 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑