ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その11 エンジン&コクピット電飾

2017.05.01(Mon)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その11

エンジンの電飾完成です。
そして、コクピット電飾方法の変更。

エンジン光源は、差し替えた真鍮パイプの裏側に、1006picoLEDの赤を
布用クリアボンドで貼り付けました。
s-P4280001.jpg

コクピット脇のパネルは、LEDを外向きにゼリ瞬間で接着しています。

当初はパネル表面にアルミホイルを貼り込んでいましたが、
発光ムラが気になるので、本体側に反射板を作ってみました。
でも、テストしていないけれど、あまり効果がない気がする。
LEDを裏向きに貼っているのに、やたら裏側に回りこむ光が多くて、
センターばかりが明るすぎ。
s-P5010006.jpg

s-P5010004.jpg
とりあえず色々仮置き。
操縦悍は作りこんでもどうせ見えないので、雰囲気重視で光らせてみます。

s-P5010005.jpg
以前作ったベイダー卿をUVレジンで複製。
ん・・・?透明ってことは、、光らせられるかも?

コクピット周りは、パーツ取りになったベイダータイ機からそれっぽいディティールを
剥ぎ取ってくっつけています。
雰囲気雰囲気。

コクピット壁面の赤線模様の工作シーンが写真ありません。
カメラ会社に忘れて撮影できませんでした。
マイネームで遮光して、クロニクル見ながらタガネで適当に光点作りました。
やってみると意外と簡単な作業です。
ラッカーだと塗膜が厚くてパリパリ剥がれたりしますが、マイネーム簡単でいいです。
パッド風の三角も張ってみましたが、仮置きしてみたらぜんぜん見えません。

s-P5010010.jpg
窓の内側にある、メカメカしたパネル。
これまたパーツ取りのベイダー機からそぎ落としたディティールです。
流し込み接着剤が流れすぎてテカテカになってます・・・
固まったらタガネで掘り起こします。
そのほか、ちょっぴりスジ彫りやプラ板の細切れ追加してみました。

s-P5010009.jpg
頭頂部です。
いつものように、垂直に抜くのではなく断面が薄く見えるように抜いています。
細くて、薄見え処理がしづらい箇所です。



久々にノーマルタイも登場。

s-P5010012.jpg

小改造しました。
今回、ベイダー機は単体で、
ノーマルタイは、オレタイ仕様の「小隊長機編隊」で
製作予定です。
ベイダー機が余るので、たくさんベイダー機作って
オクでひと稼ぎしてやろうと思いましたが、
頓挫中ですw

写真は小隊長機になる予定のもので、ベイダー機と同じ
4発エンジン仕様の高機動型にしてみました。

まずは元々のエンジンモールドを撤去して、整形とスジ彫り追加します。
キットのスジ彫りが太すぎて、同じ太さでスジボルのが
気持ち悪かった・・・まだ細いです。

s-P5010011.jpg
透明なほうは、おゆまる+UVレジンです。
はじめはパーツ取りに剥ぎ取るのがもったいなくて、
頑張って複製していましたが、気泡ができないように
おるまるのが難しく、しかも型が弱くて2回複製すると
肌ががさがさ。
時間効率悪いので、本体から剥ぎ取って貼り付けました。
接着剤はみだしまくりです。

Category: ビークルモデル TIE&ADV

08:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑