ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その3 チキンウォーカーの脚の板バネ

2017.05.19(Fri)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その3

昨日は脚の板バネを1本分作って終わってしまいました。

ESB版のウォーカーは、脚の構造もROJ版と違っているようで、
手持ちの貧しい資料を見る限りでは、こんな感じかなと。

s-sP5190009.jpg

まず、矢印の部分、脚のモモ裏側中央に幅1mmくらいの溝を彫って、板バネの収まる部分を作りました。
ちょうど板バネのセットがずれていて、少しだけ掘った部分が見えます。

板バネは、幅が1mmないぐらいのと、1mmくらいのものを2枚。t0.1mmの真鍮板です。
何本か切り出して、いい感じのやつを選びます。

スネに当たる部分は幅の狭いほう。先端を細くして、少しクキッと曲げます。
写真のものは細いところが少し長い感じなので、もう少しカットします。

それを脚に差し込んでから、次にやや太いバネを上に被さるようにセット。
板バネの押さえの部分は、ROJ版のAT-STのように丸いパーツで
抑えているのではなく、「く」の字状のパーツのみで抑えている
ように見えるので、抑えパーツを新造するか迷いましたが、
とりあえずキットのモールドをカリカリしてみたら
これでいいんじゃね?的になったので、OKと。

この押さえの裏も、板バネ2枚分の通路を掘ってあるので、
板バネは長さ調整&取り外し自由です。
でも塗装したらさすがに取り外しは無理かな。

このセットをもう1本作らないと。
同じ形に作れるのか、不安。


板バネ可動・・・ってことは、脚を可動にできるんじゃないのか?

いやいや、ブレーキブレーキ。

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑