ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その16 塗装

2017.05.24(Wed)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その15

写真全然撮ってないですが、それぞれ、着色が着々と進んでいます。
会社で、始業前か終業後の隙間時間で塗装する都合上、写真の時間がないんですよ。。

まず下地はウィノーブラックで。

グレーは、調色する心の余裕がなかったため、
アドバンストとノーマルタイはC338で。
オレタイは、C338:白を1:5ぐらいにして(適当)
結果、ほぼ白。
ブルーグレーに振るか、明るいグレーに振るかですが、
すべて明るい系のグレーで行きます。

当ブログとリンクしていただいている、「のろのろ模型製作記」ほっぴぃさんの調色
私的にはベストな感じがします。
明るく、かつ、ほんのりブルー。
ナイス調色です。
次は真似しようw

s-P5240008.jpg
写真はオレタイです。

オレタイオレタイと言っていますが、これは
白いタイファイターが作りたいがために、
勝手に仕様をでっち上げたものですw
オレ仕様とは言いつつも、SWの世界設定から
外れるような仕様(クロネコヤマト仕様のファルコン号とか)
は作りたくないため、色々こじつけました。

設定:
シーナー・フリート・システムズ社が、アドバンストx1を設計製造する際、
先行試作実験機として極少数製造されたものであり、標準型の
TIEファイターから改造されている。
機体に先行して開発されたアドバンストx1の駆動系が搭載され、
高機動時の各部剛性や強度などのデータが、のちの
アドバンストx1製造時に役立っている。

試験機のパイロットは、開発陣の機動要求に応える能力と、
試験機ならではの事態に対する適切な状況判断が求められるため、
かつて帝国軍のエリート部隊で中隊長を勤め、現在は
新人の養成教官として活躍しているベテランパイロットが勤めた。

この試験機は、高出力な駆動部と、相対的に低剛性となった
機体の組み合わせにより、ピーキーな運動特性となったが、
この特性を好んだパイロットが試験期間終了後も
自身の愛機として継続使用し、その後のヤヴィンの戦いにも
参戦している。

以上


ああ痛い設定だw

Category: ビークルモデル TIE&ADV

08:20 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

テツ(8641FS) #-

こんにちは~

オレ設定いいですね~!
こんなに細かく設定しての製作が凄い!!(驚)

自分もオレ設定製作すきなんでやるんですが、
細かい背景は無いんで恥ずかしい~(笑)
これは海中で使う機体だからここにハネ付けとけとかのオレ設定なんで・・・orz

下記事のスノースピーダーもそうですが、細かい作業の連続お疲れ様です!
完成楽しみにしてますね~!
では、また~

2017.05.24(Wed) 18:32 | URL | EDIT

gyo #-

テツさん

書き込みありがとうございます!

自分も、白いノーマルタイに4つ噴射口つけたかっただけなのでw
後付設定ですよ~。

これからもよろしくおねがいしますです。

2017.05.25(Thu) 14:55 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑