ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その12 内臓内蔵完了

2017.06.12(Mon)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その12

電池、やっとこさ収まりました。
色々ぎりぎりまで削ってます。
シリコンチューブ電池ケースのアイディアを捨てれば、
楽勝で収まるんですけど、意地ですw
s-P6120067.jpg


もう一機、AT-ST始めました。
s-P6120057.jpg

2号機の外板薄板の表現、前と変えました。
写真ではピンボケでわかりにくいですが、天板パーツを
薄く削り、本体との間に0.3mmプラ板で別の天井を挟んでいます。
電飾とハッチ開口は、もうやらないw

1号機の手すりも、とりあえず完成。
s-P6120066.jpg
パイロットも復活です。すっごい変な格好。
ハッチは手すりと干渉したため、一旦外しました。

s-P6120063.jpg
手すりパーツの本体への固定は、0.2mm真鍮線を曲げ、
それを潰して牽引フック状のステーパーツを作り、
フックの中に手すりを通してからフックを閉じて、
その後ステーを本体に固定しました。
写真に撮ると、フックの閉じが甘くて、手すりが
落ちそうになっています・・・
接着剤でディティールが埋まってしまうため、
フックと手すりは固定していません。

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その21 ディスプレイを試行錯誤する

2017.06.10(Sat)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その20

簡単なディスプレイ方法を考えてみました。


背景を作りこむと、どうしても躍動感が無いですよね。
なので、まずデススターの表面の画像を適当に検索して、
フォトショップで移動ぼかしをかけて、暗くして、
deathstar_surface.jpg
こんなの作りました。

コレをカラーレーザー印刷して、背景にします。

とりあえず、展示ベースはダイソーのコレですが、小さい。
s-P6100030.jpg

s-P6100031.jpg

s-P6100033.jpg

載せてみた
s-P6100038.jpg

たくさん載せてみた
s-P6100036.jpg

この展示方法だと、横目しかまともに見ることが出来ない。
s-P6100040.jpg
コクピット、みえね。

照明が難しい。
ベースとの固定方法も少し考えたほうがよさげー。
安直にピアノ線使いたくないんだけどなー。
あ。構造物らしいものを立ち上げて、そこにくっつければいいのか。

ただ置いただけが一番しっくりきたりして。
s-P6100041.jpg

Category: ビークルモデル TIE&ADV

12:17 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その11 狭いコクピット

2017.06.09(Fri)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その11

前回の続き。

あの小さなボタン電池の電池ケースは、探しても売っていませんでした。
その辺を見回して、

s-P6080020.jpg
水槽のエア配管などに使うシリコンホース 内径6mmだったかな。
小さくぶった切り。

s-P6080025.jpg
s-P6080026.jpg
導電性粘着剤付き銅テープで、線を電池に直結して、
シリコンホースに突っ込みました。

電池の間にプラ板を突っ込み、スイッチ代わりに。
s-P6080027.jpg
s-P6080028.jpg
いいんじゃなーい?


よくありませんでした(爆)
s-P6090029.jpg
パイロットのスペースどころか、内臓を内蔵するスペースもありません。

あーうー・・・


ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その10 AT-ST電飾

2017.06.08(Thu)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その10

AT-ST電飾しました。

ってどこを!!


ここです。
s-P6080022.jpg
AT-ATも窓光っているじゃないですか。赤く。

だったらAT-STも光るでしょう。
中の光が漏れるでしょう。
寒くて両目のフタ開けてなんか移動できないだろうし。

s-P6080023.jpg
電池は内蔵します。
手に入る電池のサイズでは最小だと思うんですが、
腕時計なんかに使う酸化銀電池 SR416SWです。
もう少し大きいサイズでも頭部内に収容できるとは思います。

s-P6080024.jpg
いつものpicoLED 1006の赤を使いました。

接着固定はいつもの布用クリアボンドで固定していますが、
一晩放置しているうちに、センターからずれていないすかコレ???
また修正リカバリーかよ・・・

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その20 まずはオレタイ完成

2017.06.07(Wed)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その19

とりあえずオレタイ完成しました。

写真ずらずら。

s-P6070019.jpg

ココから見ると、窓のアラが目立たず、いい感じにキラキラしてます。
その代わり、リカバリーのレタッチ失敗が丸わかり。

s-P6070010.jpg
s-P6070014.jpg


s-P6070011.jpg
s-P6070013.jpg
ベイダー機のエンジン移植しました。


s-P6070012.jpg
s-P6070015.jpg
オレ設定により、肩書きは中隊長ということで、
トルーパーでおなじみの「肩オレンジ」です。


s-P6070016.jpg
天井はクロームAGうすがけしましたが、薄すぎてメッキ発現せず。
ただ、薄がけが幸いして下地をさほど侵さなかったので、そのままです。

s-P6070017.jpg
底。
底に限らず、こまごまと各部にコーション風の書き込みしていますが、
ほとんどわからないアルヨ。

あとは、ノーマルタイ2機適当に塗って、3機編隊のディスプレイベース作ります。
一応、「試作機試験期間あけて新人教育部隊に戻ってきて新人教練中のところ」
という、またまた痛い設定の予定。

Category: ビークルモデル TIE&ADV

08:20 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑