ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その2 いろいろ

2017.05.17(Wed)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その2

息抜き用のお気楽AT-STのはずでした。
だんだん加速している気がします。
ブレーキ踏んでいきます。

s-P5170004.jpg
s-P5170006.jpg
少し時間があったので、スネ抜き&変な形状になっている部分を修正など。
モモの部分の板バネは作りますが、スネにも板バネあるみたいな形ですねコレ。
別パーツ化は、やる気が出ないのでとりあえず見ないふりの刑です。

この作業、ハイパーカットソーあたりで切り離して、
加工してからくっつけたほうが簡単だったかも。
もっと簡単なのは、もうひとつキットを部品取りにしちゃって
ニコイチでやれば楽勝。

s-P5170002.jpg

スプレーミサイルランチャー様の武器、開口しました。

中央は0.4mm、外周は0.25mmが限界でした。
それぞれ0.2mmから開け始めて、拡大しています。

本当は時計のように12個穴が開くんですが、途中で間違って
11個になってしまっています。
12時くらいのなんか間延びしているあたりでごまかしていますw
やりなおしたいー。

s-P5141712.jpg
天井は、手すりモールドを全部削除。
あとは、モールドに埋もれていた前部の細かいモールドを再現。
真鍮線セットは最後にします。


当初の目的だったスピーダーにもやっと着手できました。

フィンが分厚くて気になるので、一瞬張替えが頭に浮かびましたが、思いとどまっています。
フチの部分だけ薄くしてみましたが、適当にカッターでそいだので、
着色したらガタガタになってるかも・・・
そのときは、仕方がないのでフィン作り直します。
形状もおかしいんですよね。
s-P5141716.jpg
s-P5141717.jpg

あとは、真ん中のモールドが変なので、一旦切り取って、
四角を掘り込みました。
そして、切り取ったパーツを四角の中に接着。
省略されている丸パイプ上のモールドを、真鍮パイプ0.3mmで再現しました。

そして、
s-P5141715.jpg
ここは絶対やりたかったところ。
0.1mmの真鍮板をお取り寄せしました。
さて、コレは何を作っているのでしょーか。

正解者の方1名に、コレをプレゼントしますよ。
・・・ってたぶん回答者いないんですけどね(涙)


ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その13 ベイダーさま発光

2017.05.15(Mon)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その13

ベイダー卿をコクピットに仮乗せして、
手の位置とか長さとか確認してみました。

s-P5150002.jpg
腕は、アルミホイルをよじったものをゼリ瞬でつけたものです。


発光!!
s-P5150003.jpg
アイアンマンかよ。

Category: ビークルモデル TIE&ADV

19:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その6 近々再開

2017.05.13(Sat)

バンダイ ビークルモデル 1/144Y-wing その6

長きにわたり放置していたY-WINGですが、あまりに間を空けすぎて、
久しぶりにパーツ確認してみたら、自分でやっていたことなのに、
何がなんだかわからない状態でした。
s-P5130003.jpg
パイプ多杉。

s-P5130005.jpg

番号振ってあるけれど、肝心の設計図(何番がどこにつくか)
みあたらねーーー。

出戻り初期なので、ファイバーでコクピット電飾しようとして
取り回しがきつくて往生してるしw

電飾見直して、設計図発見して、近々再開します。
(こう言っとけばやらざるを得まい→自分)

Category: ビークルモデル Y-WING

18:05 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その12 ベイダー機コクピット完成

2017.05.11(Thu)

ビークルモデル タイファイター&タイアドバンスト その12

ベイダー機コクピット完成と書きましたが、正しくはほぼ完成。
遮光の調整がまだです。

s-sP5100001.jpg
写真がへたくそでヨクワカラナイ。

s-P5110001.jpg
操縦悍適当。どうせ下部は見えない。
天井角の近くに、謎のオブジェを伸ばしランナーで設置してみた。
ちょっとオーバースケールか。

s-P5110010.jpg

LEDの設置はこんな感じ。
シルバーに見えるのは、ここだけアルミ板。

今度から、こういう工作にはアルミ板使います。
いちいち遮光しなくていいし、切り貼り容易だし、
溶けないし、簡単に曲げられるし。
プラよりいいや。

ほかの部分は0.3mmのプラで組んだけれど、パカパカ割れたり
歪んだりするんで、黒瞬間とその辺の紙切れで補強してます。
FRPですな。


発光テストも無事OK。
ただ、手が足りなくて撮影不可。
反射鏡式では光量不足かもと思いましたが、
きれいにムラなく光ってくれました。
あちこちに散った赤色の遮光が少し面倒ですが、
逆に光の漏れをコントロールして、室内の照明代わりに
利用してみます。

Category: ビークルモデル TIE&ADV

12:05 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー その1

2017.05.09(Tue)

ビークルモデル AT-ST & スノースピーダー

だいぶ発売から遅れましたが、連休前に入手していました。
でも、チキンウォーカーは全然思い入れが、ない。
(だって登場がほんの一瞬!!)
作らないつもりでいましたが、いきなりパーツ取りにするのも
もったいないので、なーんとなくタイファイターマスキング地獄の
息抜きで開封。

とりあえず上から着手。
気分転換なので、楽なところだけ手をつけてます。

s-P5080007.jpg
側頭部の一体モールド装甲板を、ファルコンのお椀と同じ手法で
隙間作って、浮いた装甲板にしました。
窓なんか開けませんよ。

極寒の雪原で前方視界がこの窓開けるだけって、どうなんだろう。
外部カメラとかあるんかな。


s-P5080010.jpg
裏側も、天板と側板の分厚い装甲を半分ほどに削り、
側板は0.075mmと0.125mmのタガネで溝を掘って、
外板と内板を分離。
フリーハンドで挽いたので、写真で見るとラインが
ガタガタだー・・・後で修正します。

天井の手すりは、最後に真鍮線で作り変えます。

後部パネルの上部パーツ、写真だとBOXではなく
板に見えたので薄くしてみました。

がしかし!BOX形状が正解!!
なんてこった!

s-P5080015.jpg
脚部は、やり出したら止まらなくなりそうなので、
いくつかの修正にとどめておくつもりです。
まずは目立つカバー部分の形状が、写真と比べて
どう見ても違う印象。くの字に折れすぎ??
たぶんキットの形が正しいんだろうなーとは思いつつ、修正。
左がキット形状。

s-P5080013.jpg
1500番でガシガシ削って、裏側はデザインナイフあてただけです。

s-P5080018.jpg
削りきれなかった部分に黒瞬間。盛りすぎ。。。

続きは次回。
今度こそ早く完成しそう!!

んー。
あちこち手をつけていて、未完成品が順調に増えてる。

プロフィール

gyo

Author:gyo
May the force be with you.

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑